テニス メンタル

戦術

「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

「周辺視野」という言葉を、皆さんも聞いたことがあると思います。

実際に人が「ハッキリと見える視野」は狭くても、何となく周りを確認出来る程度の視野、は結構広いですよね。

テニスの試合では、この周辺視野も大事な役割を果たしてくれる。

気付いた人から、欺けるこの技はオススメですよ。

 

「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

 

1.「身体が向いている方向、に打って来る!」ように見えるのがテニス

皆さんも、実際に対戦していてもしかしたら騙されているかも。

テニスって、身体が向いている方向、に基本的には打っていく・・・ように「見えます」よね。

対戦相手を目の前にして、構えていれば、自然とその「想定」をしてしまう。

でも、そこで「フッ」と違うコース、に打てるとどうでしょう。

ノールックパス、のような感じで、意表を突かれる。

アングルボレー、なんかまさにそうですよね。

打つ方向を全然向いていないのに、打っている人の背中の方向に出ていくような感じ。

これってすごく、対応し辛いんですよね。

 

2.相手を周辺視野で把握する、ことがテニス選手には必要

試合に強い、上手い選手ってこういう視野を使っている。

しっかり見ないでも、何となく相手のポジションを把握して、逆を突いたり触られないように工夫出来る。

「でもそれって、上手い人だけでしょ・・・?」と思う方、そんなことはありません。

要は意識するかしないか、です。

相手コートを横目に見て、コースを外していくコントロールショットは、今のアナタでも充分に打てる。

力任せに打つよりも、よっぽどミスが少なくて効果的ですよ。

 

3.オススメの練習方法は・・・?

この周辺視野の強化、はどうすれば良いのか。

普段の練習から、隣のコートの雰囲気や練習内容、誰がいるのか調子はどうなのか。

自分のラリーをしながらでも、「雰囲気を掴む」ことが出来るように意識してみて下さい。

「自分のことで、いっぱいいっぱい」なうちは、きっと試合で勝つのも難しい。

これは、一種のトレーニングです。

もちろん、ここぞという練習では隣のコートなんて気にしない。

ですがウォーミングアップのときなんかは、自分がラリー練習しながらでも「周り」が見えるようになると鍛えられる。

部活やサークルの練習の中で、意識してみて下さい。

 

上手い選手、冷静で試合に強いテニス選手はすごく周りを観ている。

ボールが転がっているのに気づくのも早いし、「ケア!」という声も早い。

これって、周辺視野を常に広く意識して持てているからだと思いますよ。

怪我の防止にもなりますし、試合にも強くなれる。

どんどん自分の視野、拡げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  2. テニス サーブ

    戦術

    サービスキープに、プライドを

    いつの間にか、自分の中で失っているもの。私は何度も、「リターン…

  3. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

    ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。それは、どう…

  4. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  5. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事

    試合の中で、動いて試して、それでも勝てなかった試合。これは、間…

  6. 戦術

    自分の「やられ方」が大事

    試合の中で、自分が失点をする。もちろん、これは何も嘆く必要は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず
  3. テニス ストローク

    ストローク

    苦手意識があるショットほど、準備と打点が遅れていく
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?
  5. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?
PAGE TOP