テニス メンタル

戦術

「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

「周辺視野」という言葉を、皆さんも聞いたことがあると思います。

実際に人が「ハッキリと見える視野」は狭くても、何となく周りを確認出来る程度の視野、は結構広いですよね。

テニスの試合では、この周辺視野も大事な役割を果たしてくれる。

気付いた人から、欺けるこの技はオススメですよ。

 

「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

 

1.「身体が向いている方向、に打って来る!」ように見えるのがテニス

皆さんも、実際に対戦していてもしかしたら騙されているかも。

テニスって、身体が向いている方向、に基本的には打っていく・・・ように「見えます」よね。

対戦相手を目の前にして、構えていれば、自然とその「想定」をしてしまう。

でも、そこで「フッ」と違うコース、に打てるとどうでしょう。

ノールックパス、のような感じで、意表を突かれる。

アングルボレー、なんかまさにそうですよね。

打つ方向を全然向いていないのに、打っている人の背中の方向に出ていくような感じ。

これってすごく、対応し辛いんですよね。

 

2.相手を周辺視野で把握する、ことがテニス選手には必要

試合に強い、上手い選手ってこういう視野を使っている。

しっかり見ないでも、何となく相手のポジションを把握して、逆を突いたり触られないように工夫出来る。

「でもそれって、上手い人だけでしょ・・・?」と思う方、そんなことはありません。

要は意識するかしないか、です。

相手コートを横目に見て、コースを外していくコントロールショットは、今のアナタでも充分に打てる。

力任せに打つよりも、よっぽどミスが少なくて効果的ですよ。

 

3.オススメの練習方法は・・・?

この周辺視野の強化、はどうすれば良いのか。

普段の練習から、隣のコートの雰囲気や練習内容、誰がいるのか調子はどうなのか。

自分のラリーをしながらでも、「雰囲気を掴む」ことが出来るように意識してみて下さい。

「自分のことで、いっぱいいっぱい」なうちは、きっと試合で勝つのも難しい。

これは、一種のトレーニングです。

もちろん、ここぞという練習では隣のコートなんて気にしない。

ですがウォーミングアップのときなんかは、自分がラリー練習しながらでも「周り」が見えるようになると鍛えられる。

部活やサークルの練習の中で、意識してみて下さい。

 

上手い選手、冷静で試合に強いテニス選手はすごく周りを観ている。

ボールが転がっているのに気づくのも早いし、「ケア!」という声も早い。

これって、周辺視野を常に広く意識して持てているからだと思いますよ。

怪我の防止にもなりますし、試合にも強くなれる。

どんどん自分の視野、拡げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  2. 戦術

    基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる

    テニスの試合で、基本を相手にしっかり見せておくこと。これはすごく、…

  3. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  4. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  5. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること

    自分のテニスを、思い切って変えること。この重要性は何度も書いて…

  6. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう

    相手によって、一番違うもの。それは、私は走力だと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  2. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていき…
  4. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?
  5. メンタル

    ゲーム差が開いていけば、必ず集中力は切れるもの
PAGE TOP