テニス ポジショニング

ダブルス

ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

ダブルスの試合で、ちょっとしたことだけど大事なこと。

その一つは、前衛のときに後衛を「確認すること」です。

どんな雰囲気か、攻撃か守備か・・・を感じることは、大事。

でも、あんまり後ろを振り返るような時間も余裕も、無いですよね。

さぁ、どうしましょうか・・・?

 

ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

 


 

1.サーブ側の前衛にいるときに、試してみて欲しいこと

まず、結論から・・・。

アナタがサーブ側の前衛にいるとき、味方が「サーブを打つ瞬間」が正確に分かると、それは攻撃のサイン。

しっかり前にステップして、ポーチやストレートをケアする準備、出来ますよね。

その為には、横を観るような視線で、その周辺視で後ろまで観る、意識が大事です。

横を観ているんだけど、後ろも観える。

この感覚、テニスでは大事です!

 

2.真後ろを見ていては、前衛として失格!

後衛をガッツリ振り返って観る、ようでは前衛失格です。

アナタ自身、前衛が毎回振り返って自分が打つ時に観てきたら、どうですか?

「あ、俺って信用されyていないんだな・・・」と感じるはず。

それに、後ろを振り向いていたら肝心の相手が見えない。

見たときにはもう、アナタが攻撃されているような場面、になっているでしょう。

 

3.横目で後衛をチェック出来れば、試合で強くなる

試合で強いペアは、きちんと後衛を気にかけながら試合が出来ている。

後衛が守備、攻撃、どういう感じでプレーしよとしているのか、またはポジションはどの辺りか。

長く組んでいれば、感覚的に分かるようになりますけどね。

横目でチェックしているとき、アナタ自身もすぐに前を向けるように。

後衛が打つタイミングを把握する、だけで前衛はグッとプレーしやすくなるはずですよ。

 

ちょっとしたことですが、試してみて下さい。

前衛のときに、どのタイミングで前にステップするのか、ポーチに動くのか。

サーバーが打つ瞬間、トスアップしたら前を向く、ことでリズムが生まれるはずです。

前衛の動き、きっと各段に良くなるはずです!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本

    ミックスダブルスの試合、プレーを頑張る女性のみなさん。何だかん…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスはいつでも、「お互い様」

    試合って、緊張します。でも、何で緊張していたのかを思い出してみ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事

    ダブルスの試合で、浅いボールで攻撃されるこれは、特に上のレベル…

特集記事

  1. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ロブでつないでくるダブルスには、ドライブボレーとドロップショットで仕掛けを
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう
  4. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける
PAGE TOP