テニス センス

ダブルス

失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?

色々あると思いますが、ダブルスの試合の現場でこれが出来ると強い。

なんだか、失点てどちらかが謝るだけで、なんとなくあやふやになったりしませんか?

強い相手は、そういう小さい隙を見逃してはくれない。

失点について、もっとペアでシビアに考えていくことが大事だと思いますよ。

 

失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

 


 

1.何となく謝って終わり、になってない?

これは、危険です。

ダブルスの試合、失点しても「ごめんねー」で終わってしまう。

これでは、なかなか次のステージに進めない。

失点した後でも、しっかりと言葉を交わす。

何をしようとしたのか、その失敗は本当にケアレスミスなのか、次はどうするのか・・・?等。

失点したことは、何も悪いことではありません。

でも、その認識が違うとペアではすごく歪みが生じやすい。

例えば、一番多いのはこんな例です。

 

2.「すごく大事」なポイントか、「捨てて良い」ポイントか

ダブルスペアって、この認識が違うと致命的なんです。

例えば、ゲーム開始の2ポイント。

この頭の2ポイントが、私はすごく大事だと思って試合に臨んでいます。

サービスゲームなら30-0、リターンゲームでも出来れば15-15にしておきたい。

でも、ペアが同じように重要性を感じていないと、ゲームの最初ですし「何となく」でミスしてしまうんですよね。

プレッシャーをかけるつもりは無いですが、「最初の2ポイントが大事なんだ!」ということを、ペアで共通認識として持てているかどうか。

これってすごく大事、だと私は思いますよ。

じゃないと、「何やってんだよ!」となりますからね、言葉に出さなくても。

 

3.攻撃的なミス、は大歓迎でいこう

これも何度も書いて来ましたが、ペアで共通認識を持てていれば強い。

ミスして良い、という訳ではありません。

「ミスしても、自分たちのペースなんだ」と思えるじゃないですか。

そう思えたら、実はプレッシャーも無くほとんどのショットは上手くいく。

それがテニスですし、強いペアのプレースタイルです。

ペア同士で、「同じイメージ、価値観でプレーしている」という意識があるから、心強い。

ミスしてひたすら謝っているペア、会話が少ないペアは、まず勝てないでしょう。

 

4.全ポイントは取らなくて良い、という共通理解

私が普段、ダブルスの試合をしている時にはこれも会話に入れています。

「次のポイント、落としても良いよ」と。

例えばリードしていて、ゲームポイントが3本ある時。

「2回回って来るから、どっちか取れば良いしね」という感じで、話しかける。

2回のうち1回、という言葉で救われるかどうかは分かりませんが、私のペアには効果大でした。

みなさんが普段組んでいらっしゃる方、の性格もあるでしょう。

全ポイントを取る必要は無い、ただここでの失点は避けたい、というような共通認識を、どんな言葉で伝えるのか。

ぜひ、試合以外の場所でも話してみて下さいね。

 

ペアとの共通認識、コミュニケーションを深めたい。

そう考えている方は、ぜひテニスコート以外でもテニスの話、してみて下さい。

「30-30のようなカウント、どう思う?」という漠然とした質問から、どう自分たちが戦っていくのか、について。

ふとしたことで、何を考えているのかが分かったりして、面白いですよ。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    初中級プレイヤーでも実践出来る、「並行陣からの得点パターン」5つ

    ダブルスの試合、初中級の方でもぜひ実践して欲しいこと、それは並…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  5. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的です!

    「奇襲は、序盤に」がテニスにおいては鉄則です。特に強い相手に対…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  3. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそ…
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
  5. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
PAGE TOP