テニス センス

ダブルス

失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

ダブルスの試合で、良いペアってどんなペアでしょう?

色々あると思いますが、ダブルスの試合の現場でこれが出来ると強い。

なんだか、失点てどちらかが謝るだけで、なんとなくあやふやになったりしませんか?

強い相手は、そういう小さい隙を見逃してはくれない。

失点について、もっとペアでシビアに考えていくことが大事だと思いますよ。

 

失点に対する共通認識、がダブルスペアと出来ているか?

 


 

1.何となく謝って終わり、になってない?

これは、危険です。

ダブルスの試合、失点しても「ごめんねー」で終わってしまう。

これでは、なかなか次のステージに進めない。

失点した後でも、しっかりと言葉を交わす。

何をしようとしたのか、その失敗は本当にケアレスミスなのか、次はどうするのか・・・?等。

失点したことは、何も悪いことではありません。

でも、その認識が違うとペアではすごく歪みが生じやすい。

例えば、一番多いのはこんな例です。

 

2.「すごく大事」なポイントか、「捨てて良い」ポイントか

ダブルスペアって、この認識が違うと致命的なんです。

例えば、ゲーム開始の2ポイント。

この頭の2ポイントが、私はすごく大事だと思って試合に臨んでいます。

サービスゲームなら30-0、リターンゲームでも出来れば15-15にしておきたい。

でも、ペアが同じように重要性を感じていないと、ゲームの最初ですし「何となく」でミスしてしまうんですよね。

プレッシャーをかけるつもりは無いですが、「最初の2ポイントが大事なんだ!」ということを、ペアで共通認識として持てているかどうか。

これってすごく大事、だと私は思いますよ。

じゃないと、「何やってんだよ!」となりますからね、言葉に出さなくても。

 

3.攻撃的なミス、は大歓迎でいこう

これも何度も書いて来ましたが、ペアで共通認識を持てていれば強い。

ミスして良い、という訳ではありません。

「ミスしても、自分たちのペースなんだ」と思えるじゃないですか。

そう思えたら、実はプレッシャーも無くほとんどのショットは上手くいく。

それがテニスですし、強いペアのプレースタイルです。

ペア同士で、「同じイメージ、価値観でプレーしている」という意識があるから、心強い。

ミスしてひたすら謝っているペア、会話が少ないペアは、まず勝てないでしょう。

 

4.全ポイントは取らなくて良い、という共通理解

私が普段、ダブルスの試合をしている時にはこれも会話に入れています。

「次のポイント、落としても良いよ」と。

例えばリードしていて、ゲームポイントが3本ある時。

「2回回って来るから、どっちか取れば良いしね」という感じで、話しかける。

2回のうち1回、という言葉で救われるかどうかは分かりませんが、私のペアには効果大でした。

みなさんが普段組んでいらっしゃる方、の性格もあるでしょう。

全ポイントを取る必要は無い、ただここでの失点は避けたい、というような共通認識を、どんな言葉で伝えるのか。

ぜひ、試合以外の場所でも話してみて下さいね。

 

ペアとの共通認識、コミュニケーションを深めたい。

そう考えている方は、ぜひテニスコート以外でもテニスの話、してみて下さい。

「30-30のようなカウント、どう思う?」という漠然とした質問から、どう自分たちが戦っていくのか、について。

ふとしたことで、何を考えているのかが分かったりして、面白いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要があると覚悟しよう

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  3. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない

    ダブルスの試合を観ていると、ペアの心理状態が見えてきて面白い。…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の攻撃を先読みしてポジションを移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれるのがテニス

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  2. テニス ボレー

    戦術

    堅実なダブルスペアほど、攻撃はセンターにしか来ない
  3. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  5. テニス 陸上

    日々の雑記

    1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない
PAGE TOP