ダブルス

相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。

並行陣なら、かなり多くなるシチュエーションですよね。

でも、カバーに走ってばかりだと、ずっと気持ちも後手に回る。

カバーではなく、あえて相手の隙を突いていく。

これが、実はアナタにとって必要なことじゃないでしょうか?

相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

1.並行陣で挑むなら、ロブ対応は必須

実際、並行陣でダブルスの試合に挑むなら、ロブは打たれる。

当たり前、ですよね。

↓の図で、赤側が並行陣を取る、と思って見てみて下さい。

青側の後衛が打つ瞬間には、しっかりこの陣形が出来ている。

サーブ&ボレーですと、↓くらいのポジションで良いと思います。

当然、相手はこれ↓を狙って来ますね。

前衛の上、を狙うことは並行陣対策の基本、ですから。

後衛の選手がカバーに走る、ここ↓まではよくある光景だと思います。

さぁ、後はここからどう赤側、のペアが相手に優位性を渡さないかを考えていく必要がありますね。

この対応こそ、ダブルスの強さになっていきます。

2.普通の返球、ではステップアップ出来ない

普通なら、カットして相手の後衛に返球する感じでしょうか。

ロブがセンター寄りなら、チェンジする必要はありませんね。

その場合、前衛には大事な仕事があります。

自分が触らないなら、しっかりと低い態勢を作って、後衛の選手が返球しやすい状況を作る。

普通に立っていると、後衛の選手はそれを避けるように打たないといけないので、厳しくなる。

しっかりとネットより低い態勢、をしゃがんで作りましょう。

そうすると、思わぬコースが開けて来ます。

そう、↓のようなコースが空いている、ことに気付けるかどうかが大事になります。

そう、相手後衛の前のスペースですね。

カバーではなく、攻撃に一気に舵を切る。

それが、このプランには大事な発想です。

なぜなら、ロブを上げた瞬間、相手は一瞬下がるから。

やはり、スマッシュを警戒しますからね。

その少し下がった瞬間に、この前のスペースが弱点になる。

ここを、しっかり浅いボレーで突いていくこと、が大事なんです。

3.恰好のドロップボレーのチャンスが、そこにある

実際、私はこのプレーが好きです。

ですので、前衛の選手にも、なるべくチェンジしないで、カットするフリをして前を使うという作戦を伝えている。

そうすれば、結構相手を出し抜けるんですよ。

下がろうとする相手、に前を使うのは楽ですからね。

甘いボレーでも、決まりますよ。

普通に深く返球しようとすると・・・どうでしょう。

空いているスペース、を逆に突かれてしまいますよね。

「でも、そんなの難しいんじゃ・・・」と思う方も、多いでしょう。

でも、山なりのボレー、を返球すると思えば楽。

だって、相手のボールも山なりなロブですからね。

同じような軌道、で浅く返す、と思えばすごく楽だと思います。

まずは、失敗しても良い。

こういう発想を持てるかどうか、が試合では大事なんです。

カバーする、という発想はマイナス。

そこからいかに、カウンターを狙うのか。

少しギャンブル的な要素もあるショットですが、試合ではなかなか相手はこれを予測出来ない。

ぜひ、流れを変える意味でも、使ってみて下さい。

前衛との連携、も大事なポイントですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ストレートアタック、にこそスライスを使おう

    ダブルスの試合で、相手の前衛を狙う。この必要性は何度も書いてき…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを

    前衛にいるときに、いざポーチ!でも、せっかく良いサーブなのに出…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと

    これは、私自身の話、ではありません。過去に、全日本で何度も優勝…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう

    ダブルスの試合、上級者の方であればぜひ、意識して欲しいポイント。…

  5. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックバンドストロークでスピン回転が弱い人は、「グリップを握る親指を下から上…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドでのスライスストロークは、「しっかり上から抑えて」どんどん攻撃的に使…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
  4. テニス 武器

    その他

    まだまだ必要!基本から応用まで「テニスの試合での暑さ対策」まとめ
  5. テニス サーブ

    その他

    「全豪オープンテニスはここを見よう!」試合の現場で必要なテニス観を身に付けるポイ…
PAGE TOP