テニス ストローク

戦術

夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

夏場のテニスの試合は、過酷そのもの。

1試合だけでもキツイのに、2試合、3試合とどんどん相手は強くなっていく。

いかに、初戦から上手く体力を使うのか、はすごく大事なキーワードになります。

それは、温存という意味もありますが、実は結果的に効率的にポイントを取得していく、良いテニスになる可能性も高い。

夏場のテニスこそ、頭脳戦でいきましょう。

 

夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

 


 

1.ファーストサーブを入れる

間違いなく、テニスの試合で一番疲れるのはセカンドサーブです。

これを打つから、体力的にも精神的にも疲れていく、疲弊していく。

サーブ&ボレーする方は、前方向へのダッシュも毎回やり直すの、結構辛いですよね。

だったら、ファーストサーブを入れましょう。

多少威力を落としても、夏場ではセカンドサーブを出来るだけ打たない試合運び、が基本大事です。

 

2.ネットに出る

これは私の作戦ですが、後ろで走り回ったり、浅いボールを追いかけるのは、夏場は辛い。

だったら、自分から前に出て、勝負をかける。

決して焦っている訳ではなく、動かなくても打てる、相手のプレッシャーになる動き、が出来るのがネットプレーなんです。

浅いボール、も怖く無いし、ロブは少し下がり目で待てば良い。

とにかく、夏場こそ前で勝負することを私はお勧めします。

 

3.相手を前に走らせる

通常のストロークラリーの中から、上手く相手を前に出させる。

これが、テニスでは非常に効果的です。

特に夏場、前にダッシュするとテニスは異常に疲れますからね。

出来るだけ、相手を前に走らせるテニスをしたい、と考えるのは有効な体力温存策。

ぜひ、ドロップ系のショットを磨いておいて下さい。

 

4.サインプレーを多用する

ダブルスなら、私はこれを使います。

ポーチでチェンジ、のような作戦、夏場は早くポイントを終えることが出来て有効です。

決まらなくても、相手が警戒してミスしてくれる可能性も高い。

前衛が動く、後衛がサーブをコントロールするだけで、かなり体力を温存出来るはずですよ。

 

5.スライスショットを使う

スライスの何が良いのか。

それは、力を使わないで打てるところ、です。

スピンのように下から上に振るスウィングは、重力に反する動きですから、やはり厳しい。

夏場に体力を消耗した後だと、ラケットが重く感じることもありますからね。

その点、スライスは上から入れる。

上にセットして、下方向への力で打てるので、何球打っても疲労が溜まりにくい。

シングルスの試合で戦うみなさんには、特に必要なショットでしょう。

 

細かい部分ですが、いかに効率的に戦うのか、を考えておく。

そうすると、ムダに体力を使うことも少なくなりますし、冷静に試合を運べるようになるでしょう。

温存するテニスは、効率的で、私たちが目指すテニスに近い。

とはいえ・・・真夏のテニスは危険ですから。

無理しない範囲で、頑張りましょうね。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力

    試合で自分の実力を発揮する。これが問われるのは、本当に試合の…

  2. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない

    ストロークが強い、上手い相手に、男性が陥り勝ちな罠。試合に勝て…

  3. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

    私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。年齢が30代の私が…

  4. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

    これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。みなさんも…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り切れる

    テニスに戦術って、必要なの?というご質問も、よく頂きます。…

  6. 戦術

    クロスに打つ?ストレートに打つ?

    テニスでショットを打つコース、大きく分けるとこの2つですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
  2. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
  4. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある
  5. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差に…
PAGE TOP