テニス ストローク

戦術

夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

夏場のテニスの試合は、過酷そのもの。

1試合だけでもキツイのに、2試合、3試合とどんどん相手は強くなっていく。

いかに、初戦から上手く体力を使うのか、はすごく大事なキーワードになります。

それは、温存という意味もありますが、実は結果的に効率的にポイントを取得していく、良いテニスになる可能性も高い。

夏場のテニスこそ、頭脳戦でいきましょう。

 

夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

 


 

1.ファーストサーブを入れる

間違いなく、テニスの試合で一番疲れるのはセカンドサーブです。

これを打つから、体力的にも精神的にも疲れていく、疲弊していく。

サーブ&ボレーする方は、前方向へのダッシュも毎回やり直すの、結構辛いですよね。

だったら、ファーストサーブを入れましょう。

多少威力を落としても、夏場ではセカンドサーブを出来るだけ打たない試合運び、が基本大事です。

 

2.ネットに出る

これは私の作戦ですが、後ろで走り回ったり、浅いボールを追いかけるのは、夏場は辛い。

だったら、自分から前に出て、勝負をかける。

決して焦っている訳ではなく、動かなくても打てる、相手のプレッシャーになる動き、が出来るのがネットプレーなんです。

浅いボール、も怖く無いし、ロブは少し下がり目で待てば良い。

とにかく、夏場こそ前で勝負することを私はお勧めします。

 

3.相手を前に走らせる

通常のストロークラリーの中から、上手く相手を前に出させる。

これが、テニスでは非常に効果的です。

特に夏場、前にダッシュするとテニスは異常に疲れますからね。

出来るだけ、相手を前に走らせるテニスをしたい、と考えるのは有効な体力温存策。

ぜひ、ドロップ系のショットを磨いておいて下さい。

 

4.サインプレーを多用する

ダブルスなら、私はこれを使います。

ポーチでチェンジ、のような作戦、夏場は早くポイントを終えることが出来て有効です。

決まらなくても、相手が警戒してミスしてくれる可能性も高い。

前衛が動く、後衛がサーブをコントロールするだけで、かなり体力を温存出来るはずですよ。

 

5.スライスショットを使う

スライスの何が良いのか。

それは、力を使わないで打てるところ、です。

スピンのように下から上に振るスウィングは、重力に反する動きですから、やはり厳しい。

夏場に体力を消耗した後だと、ラケットが重く感じることもありますからね。

その点、スライスは上から入れる。

上にセットして、下方向への力で打てるので、何球打っても疲労が溜まりにくい。

シングルスの試合で戦うみなさんには、特に必要なショットでしょう。

 

細かい部分ですが、いかに効率的に戦うのか、を考えておく。

そうすると、ムダに体力を使うことも少なくなりますし、冷静に試合を運べるようになるでしょう。

温存するテニスは、効率的で、私たちが目指すテニスに近い。

とはいえ・・・真夏のテニスは危険ですから。

無理しない範囲で、頑張りましょうね。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  2. 戦術

    勝ち方を見つける、という技術

    テニスの試合には、引き分けはありません。タイブレークのような…

  3. 戦術

    コート上でいきなり「考えろ!」なんて、無理

    みなさんも、コーチから言われる機会多くないですか?コート上で…

  4. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない

    試合の中で、私自身が意識していること。「ボールをよく見て!」…

  5. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

    恐らく、アナタ自身は損している。試合の中で、相手に押されている…

  6. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
  3. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い
PAGE TOP