テニス 陸上

戦術

楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

先日、こんなご意見を頂きました。

「サイトをいつも拝見していますが、楽してテニスの試合に勝つという教育は、選手をダメにしていく」というもの。

つまり、紹介しているような記事のネタは、姑息な手段で本物の選手は作り出せない、というような内容でした。

おっしゃりたいことは、分かるような気がします。

でも、私はこう考えています、という一つの答えをまとめてみたいと思います。

 

楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

 


 

1.楽して勝つ、のが許せないという発想ではキツイ

何がキツイって、トーナメントを勝ち上がるのが、です。

おそらく、T-PRESSの読者のみなさんは、試合に出ている方が多いと思います。

ご自分で出場して、痛いほど感じていること、じゃないでしょうか。

体力を毎試合消耗していけば、上になればなるほど、辛くなる。

まして、勝ち上がっていけば、より厳しい相手との対戦が控えている訳ですからね。

言葉のニュアンスだけで、善悪を判断するのはすごく危険。

楽して、体力を温存して勝てるなら、それに越したことは無い。

それだって、立派なテニス選手としてのテクニックです。

 

2.頭を使うから、身体が疲れないのが基本スタンス

私の基本スタンスは、これです。

とにかく、脳みそが沸騰するくらい、頭を使う。

まさに将棋を指す棋士、のような感覚です。

限られた時間の中で、2手先、3手先、を読んで打っていく。

その分、身体の消耗は最低限に抑えられる、と自分でもイメージ出来ています。

「ラクするな!走り回って拾え!」というのは、簡単ですよ。

でも、それって本当にキツイこと・・・ですか?

 

3.ただ走り回るのは、別にキツくは無いと思う

私からすると、頭脳戦、駆け引きのほうがよっぽどキツイ。

ただ走り回って、疲労感で満足している人、のほうが楽ですよ。

でも、テニスだけじゃなくてスポーツ界って「動いた絶対量」が多い方が良い、みたいな感じあるじゃないですか。

今回お便りを頂いた方も、そうでしょう。

ただ走りまくって、ひたすら返球する。

それで勝てる相手も限られているし、それに勝ったとしても次の試合が大変。

トーナメント大会を勝ち抜くこと、もっと頭を使わないと無理ですよ。

 



 

4.「本格派」とは何だろう?

ご意見の中にもあった、「本格派が育たない」という部分。

確かに私自身大した実績も無いですし、今はサラリーマンプレイヤーの一人、ですから。

本格的な指導、を求められると非常に辛いものがあるのは事実です。

でも、です。

この本格派って、何をもって測ることが出来るのか、は非常に疑問です。

私からすると、試合に出ている一般プレイヤー、部活やサークルで頑張る学生の皆さんは、頭を使ってするテニスこそ本格派、だと思っています。

なぜなら、そこはどんどん伸ばしていけるから。

自分次第で、どんどん伸びしろがある部分、ですから。

少なくとも、このT-PRESSの読者の方には、もっともっと伸びていってもらいたい。

そう考えながら、私も一緒に成長していきたいと願っています。

 

色々なご意見、本当に大歓迎です。

私自身が成長するためにも、重要な要素になってくると思っていますので。

ご質問頂いている方で、まだお返事が出来ていない方もおり・・・お待たせしてすみません。

話が少し大きくなりましたが、楽して勝つ、良いじゃないですか。

トーナメントを勝ち抜くために、必要なことだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い

    大会の初戦から、相手が強い。もうこれだけで、みなさん気持ちが…

  2. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  3. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

    良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。これ、結構多いで…

  4. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

    ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。これは、何…

  5. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

    試合で使える武器、戦術は何か?普段から、みなさんも自分で考えて…

  6. 戦術

    アナタの攻撃力を、今すぐアップさせる方法とは?

    自分の攻撃力をアップしたい、試合で主導権を握りたい。でも、も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  4. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう
  5. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
PAGE TOP