テニス 陸上

戦術

楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

先日、こんなご意見を頂きました。

「サイトをいつも拝見していますが、楽してテニスの試合に勝つという教育は、選手をダメにしていく」というもの。

つまり、紹介しているような記事のネタは、姑息な手段で本物の選手は作り出せない、というような内容でした。

おっしゃりたいことは、分かるような気がします。

でも、私はこう考えています、という一つの答えをまとめてみたいと思います。

 

楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

 


 

1.楽して勝つ、のが許せないという発想ではキツイ

何がキツイって、トーナメントを勝ち上がるのが、です。

おそらく、T-PRESSの読者のみなさんは、試合に出ている方が多いと思います。

ご自分で出場して、痛いほど感じていること、じゃないでしょうか。

体力を毎試合消耗していけば、上になればなるほど、辛くなる。

まして、勝ち上がっていけば、より厳しい相手との対戦が控えている訳ですからね。

言葉のニュアンスだけで、善悪を判断するのはすごく危険。

楽して、体力を温存して勝てるなら、それに越したことは無い。

それだって、立派なテニス選手としてのテクニックです。

 

2.頭を使うから、身体が疲れないのが基本スタンス

私の基本スタンスは、これです。

とにかく、脳みそが沸騰するくらい、頭を使う。

まさに将棋を指す棋士、のような感覚です。

限られた時間の中で、2手先、3手先、を読んで打っていく。

その分、身体の消耗は最低限に抑えられる、と自分でもイメージ出来ています。

「ラクするな!走り回って拾え!」というのは、簡単ですよ。

でも、それって本当にキツイこと・・・ですか?

 

3.ただ走り回るのは、別にキツくは無いと思う

私からすると、頭脳戦、駆け引きのほうがよっぽどキツイ。

ただ走り回って、疲労感で満足している人、のほうが楽ですよ。

でも、テニスだけじゃなくてスポーツ界って「動いた絶対量」が多い方が良い、みたいな感じあるじゃないですか。

今回お便りを頂いた方も、そうでしょう。

ただ走りまくって、ひたすら返球する。

それで勝てる相手も限られているし、それに勝ったとしても次の試合が大変。

トーナメント大会を勝ち抜くこと、もっと頭を使わないと無理ですよ。

 

4.「本格派」とは何だろう?

ご意見の中にもあった、「本格派が育たない」という部分。

確かに私自身大した実績も無いですし、今はサラリーマンプレイヤーの一人、ですから。

本格的な指導、を求められると非常に辛いものがあるのは事実です。

でも、です。

この本格派って、何をもって測ることが出来るのか、は非常に疑問です。

私からすると、試合に出ている一般プレイヤー、部活やサークルで頑張る学生の皆さんは、頭を使ってするテニスこそ本格派、だと思っています。

なぜなら、そこはどんどん伸ばしていけるから。

自分次第で、どんどん伸びしろがある部分、ですから。

少なくとも、このT-PRESSの読者の方には、もっともっと伸びていってもらいたい。

そう考えながら、私も一緒に成長していきたいと願っています。

 

色々なご意見、本当に大歓迎です。

私自身が成長するためにも、重要な要素になってくると思っていますので。

ご質問頂いている方で、まだお返事が出来ていない方もおり・・・お待たせしてすみません。

話が少し大きくなりましたが、楽して勝つ、良いじゃないですか。

トーナメントを勝ち抜くために、必要なことだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「手堅いプレー」という餌を撒いて、試合の後半を迎えるのも良い作戦

    私は何度か、「試合の序盤に奇襲を入れる」ことの重要性を書いてきました。…

  2. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける…

  3. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ

    テニスの試合に勝ちたい、勝ち上がれる選手になりたいなら。これ、…

  4. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード

    テニスは攻守がめまぐるしく変わるスポーツ。ネットを挟んでの打ち…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  6. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を

    私が試合の中で、サイドごとに意識していること。もう、無意識に近…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  4. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  5. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
PAGE TOP