テニス 不器用

フットワーク

接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を

テニスの試合、接戦はなかなか振り返る機会が少ない。

特に、競って勝った試合は意外と忘れがち。

勝てばOK、という部分もありますが、それだけでは成長しない。

なぜなら、テニスの試合、大会というのは何試合も一日で、勝ち抜いていかないといけない厳しい戦いだからです。

接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を

本当に試合を、大会を勝ち抜いていく選手になって欲しい

私は、このサイトを観ている皆さんに、そうなって欲しい。

1回、2回勝つのではなく、大会で勝ち切る。

トーナメントの頂点に立つ、ことを現実的に考えられる選手を増やしたい。

そう考えると、接戦は出来るだけ少なくしたい。

初戦、その次くらいはしっかり、体力を温存して勝つ。

そう、自分が接戦になってしまったら、終わった後に、「どうすればもっと、スコアを抑えて勝つことが出来たか?」を考えてみる。

この意識は、体力の配分を考えるうえでもとても大事なんです。

「相手を楽にさせたポイント」は無かったか?を考えてみる

具体的に、ココから考えてみると良いでしょう。

相手を楽にさせるようなポイント、戦術は無かったか?

自分が効いていると思ってやった作戦、実は相手の読まれていたり逆効果になっていたかも知れない。

私はいつも、ダブルスの試合なら「リターンのコース」はしっかり復習するようにしています。

「意図的にストレートに打っていたけど、そもそもそんなにポーチに出てくるタイプじゃなかった」というような反省は活かせる。

なぜ、そう考えたのか・・・も、しっかり深堀しましょう。

なぜ、その時その選択をしたのか?に根拠はあるはず

試合の中で、振り返るときにこのポイントが無いと意味が無い。

なぜ、自分はこういう決断をしたのか?

というのを、後からしっかり思い出してみて、自分で確認してみる。

この確認の癖が付くと・・・実は試合でも、吹っ切れてプレー出来るんですよ。

だって、根拠が無いプレーをしていたら、後から振り返ることが出来ないですからね。

それはつまり、成長が出来ない、ということです。

自分に近い実力の相手には、接戦が当たり前・・・になって、どんどん体力を消耗して上位対戦ではもうヘロヘロ。

アナタもそうなってはいませんか?

 

接戦は、避けることが出来る。

実力が拮抗した相手でも、自分の決断を現場で修正出来れば・・・何かが変わるかも知れない。

実力が近ければ接戦になる、というのは思い込み。

上の相手に勝てない、というのも思い込み。

思い切った選択で一気のプレッシャーをかけて、しっかり短い時間で勝つ、ことが出来るかも知れません。

そう思わないと、成長は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻め切れない

    実際に試合で効果的なのに、いつも下に見られているショット。それは間…

  2. フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  4. テニス サーブ

    フットワーク

    どんなに上手い選手でも、テニスは自分のポジショニングによって打てる場所は限られる

    テニスが上手い人、対戦相手って「いつもでもどこでも、好きな場所に打てる…

  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショットを追いかけたら、出来るだけフォアハンドで拾うことが一番

    ドロップショットのように、浅いボールを前に走って拾う場面。テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 水分補給
  3. テニス 暑さ対策
  4. テニス 多動力
  5. テニス バナナウェイト
  1. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です
  2. ストローク

    「スライスのストロークの返球が難しい・・・」人は、スピン系の返球と明確にココを変…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で、アナタは必要以上に「相手に触られること」を怖がり過ぎてはいないか…
  4. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
  5. ボレー

    ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよ…
PAGE TOP