リターン

リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。

そのときのコントロール、これは生命線。

威力よりも、コントロール重視で打ちたいのがこのショット。

アナタ自身、きっと試合でもミスしたくない、神経質な場面だと思います。

私がオススメするのは、この方法。

上手くいく人、いかない人いると思いますが、試してみる価値はあると思いますよ。

 
 

1.「人を狙う」のも良いけど・・・

相手前衛、にぶつけるつもり、でも良いと思います。

実際にそこから相手がポーチに動けば、それはそれで抜けて良い攻撃になる。

でも・・・私の経験上、人を狙うと力んでしまう。

どうしても、アウトやネットが増えてしまう気がするんですよね。

なぜかと言えば、その的は動く「人」だから。

的って、動かないに越したことは無い、と思いませんか?

だからこそ、人よりも「動かない何か」に的は変えた方が良い。

と、私は思います。



2.例えば相手コート奥の木の枝の先、とかでも良い

ストレートを狙った延長線上、ネットの50cm上くらいにあるモノ、を的にしたい。

例えば木の枝の先、または防風ネットのマーク、もしくはもっと奥に見える何か、かも知れませんね。

何でも良いです。

アナタ自身、コートに立ったときに、決めれば良い。

あの的を狙って、多少スピードは抑えてもコントロールだけは良くしていこう!という意識が大事。

あまり的をジーッと見ているとばれてしまう可能性が高いので、心に決めたらイメージする。

あの的は、この方向だな・・・と。

そこからは、その軌道に自分のリターンを乗せるだけ、で良いんです。



3.イメージを確認してみましょう

ある程度、相手が動いて来るなら、シンプルに。

シングルスコートに入るくらいの、甘いストレートへのリターンでも大丈夫です。

相手がポーチによく出てくるような相手なら、チャンス!

シンプルに、合わせるだけでOK。

相手の逆を突けば、リターンからでも攻撃出来ます。

普通にクロスに打つと、やられてしまう場面も多いですからね。

YouTube公式チャンネルへの登録はコチラ



4.「的と自分」を、黄色い線でつないでみよう

的が決まったら、後はボールを乗せるだけ。

黄色い線を、伸ばしていくイメージで想像してみて下さい。

実際には、的まで届かないでスピン回転がかかり、コートに収まるイメージ。

でも、最初打ち出した軌道はその的目がけてしっかり飛んでいく。

相手が動いても、動かなくても、この軌道はしっかり守る。

ダブルスのストレートアタックって、こう考えると難しくないですよ。

サーブが強力でも、そのコースを変える、くらいの意識で良い。

打ち込むよりも、的まで伸ばした線の上に乗せるようなイメージで。

ぜひ、打ってみて下さい。

   

5.的作りは、コントロール上手

テニスにおいて、本当にそうだと思います。

よく「ネットの上に、的を作るイメージ」が大切だと言われますが、何もない空間に的・・・といっても、イメージし辛い方も多いでしょう。

リターンのように、静から動に一瞬で移る動作は、目に見える的があるとやりやすい。

普段の練習コートでも、きっと的に成り得るモノ、あると思いますよ。

見つけてトレーニング、してみて下さい。



練習で的を作れば、きっと試合でも作れるはず。

同じような場所に、打てれば練習通りですからね。

リターンのストレートアタックは、本当にコントロール次第。

どんな剛速球も、アウトなら意味が無いし相手の前衛のプレッシャーに負けているということ。

ダブルスの一つの技として、使ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  2. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  5. リターン

    バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

    両手でも片手でも、ここぞという場面ではストレート方向にリターンを打ちた…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えた…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK
  2. サーブ

    サーブとリターン、両方入ると信じ抜くことが大事
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに…
PAGE TOP