戦術

4ゲーム終わった段階で、知ることは出来ているか?

どんな試合でも、自分の中で4ゲーム。

この意識をしっかり持って、序盤を戦いましょう。

4ゲーム終わった段階で、この今の試合の見通しを付けて、仕切り直す。

変えるところは変えて、どう戦うのかを明確にしていく。

これも一種の、テクニックですよ。

 
 

チェンジコートじゃないけど・・・

充分に、間を空けましょう。

その試合が、2-2になっていても、4-0でも、0-4でも。

とにかく、4ゲーム終わった段階で、私は一旦冷静になることをお勧めします。

つい、チェンジコートまで「作戦会議」は待ったりしがちですが、必要無い。

とにかく、1セットマッチなら0-4の状態ですからね。

ここでしっかり、仕切り直さないと負けてしまう。

ダブルスなら、4人全員がサーブを打ち終わった場面、5ゲーム目が始まる前。

ぜひ、意識してみて下さい。



習慣付ければ、序盤の戦い方が見えてくる

要は、4ゲームまでに相手を知りましょう、ということ。

色々なショットを打たせてみる、走らせてみる、こっちはポジションで揺さぶってみる。

そこで、丸裸にさせるのを、4ゲームまでにやってみる。

強い人って、無意識にこれを実践しているような気がするんですよね。

2ゲームくらいだと、まだ分からないですから。

習慣づければ、毎回試合の入りって結構一緒になるんですよ。

そうすると、自然と安定感もアップしますよ。




上に強いかどうか、はキーポイント

ダブルスなら、私はこれをしっかり確認します。

上、つまりはロブに強いのかどうか。

ロブに強いかどうか、リターンからストレートロブを打ったりして、診断します。

サッと前衛が任せるようなら、厳しいサーブのリターンはそれで問題無いですしね。

上に強いペアは、前衛が下がって打って来るはず。

それを知れば、今度は足下のボールも使える。

上に強いペアは最初から下がって待つ、という傾向もあるでしょうから、対策はあります。

特に差が大きく出やすいポイントですので、このチェックはかなりお勧めです。

   

こちらの手の内は、少しだけ隠しておく

私たちは相手をしっかり観察する。

でも、相手から丸裸、にされないように意識していきましょう。

こちらの手の内は、最低1つは隠しておく。

勝負どころで、出す1手は5ゲーム目以降に取っておきましょう。

もちろん、それ以外はどんどん出して良い。

色々やって来る、仕掛けて来る選手と思われた方が試合では楽ですから。

逆の立場に立ってみて、「なんだ、単純な相手だな・・・」と思われていませんか?

ぜひ、自問自答して欲しいポイントです。



相手を知ることが出来れば、0-4の状態でも怖く無い。

これ、強がりじゃなくて本当にそうです。

何も分からないままに4-0になった試合、の方が危ないですよ。

みなさんも、大逆転された試合ってそんな感じじゃないですか?

リードして浮かれて、相手の観察を忘れてしまう。

とにかく、序盤の4ゲームは情報収集タイム。

そう心に決めて、試合に入ってみましょう。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

    自分の美学を貫くこと。すごく美しいようですが、試合の中ではそれ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い

    他人の土俵で、戦うこと。これは、テニスの試合で非常に危険なこと…

  6. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

    試合で使える武器、戦術は何か?普段から、みなさんも自分で考えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ
  2. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    なぜフォアハンドの回り込みが有効か、と考えると「打てるコースの拡がり」が見えてく…
  5. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
PAGE TOP