戦術

武器を使い、弱点を責めるだけ

目次

試合の中で、迷うことがあれば。

このシンプルな作戦、に立ち戻りましょう。

相手が強い弱いは関係無く、これはテニスやスポーツの基本。

確かな確証が無くても、まずは色々やってみる。

ハッキリとした作戦として実行すること、が大事です。

 
 

弱点は想定、でも良い

ザックリ入る、で大丈夫

私もいつも、仮説から入ります。

恐らく、対戦相手はバックハンドやボレーは苦手だろう、と。

ここをまずは、弱点として突いてみる。

それでダメなら、また変えれば良い。

試合の序盤に、想定でも良いので相手の弱点を突いていくこと、は大事ですよ。

最低3回は、突いてみよう

しつこく、最初はバック狙い。

これ、何回かしっかり続けることが大事です。

最初のショットがたまたま上手く返って来ただけ、かもしれない。

出来るだけ、スライスやスピンを両方使いながら、相手を動かしてバックハンドを打たせる。

浅いボールで前に引っ張り出す。

私の感覚なら、3回くらいやればボロが出て来る感覚です。

4ゲーム目くらいまでに、ハッキリさせよう

ダブルスなら、サーブが1巡するくらい。

4ゲームが終了した時点で、「相手のココを突いていこう」と決める。

これも、アナタ自身の中でルーティーン化しておくと良いですよ。

想定から入ったものを、確認して決める。

あとは、相手の弱点についてはあまり考えない。

徹底的に攻める、そして意識させてその逆を突く。

これだけで、試合は充分に主導権が握れるはずです。



武器を使うことも、忘れずに

これは試合前から、決めて良い

みなさん、試合で自分の武器を使うこと、出来てますか?

まず、意識はどうでしょうか?

自分の武器、というと「何も無いかも…」と思う方がいるかも知れませんが、そんなことはありません。

それは、アナタ自身がまず決めることから始まります。

「これが、自分の武器なんだ」と。

謙遜は、美徳にならない

ただ、逃げているだけでしょう。

自分には武器が無い、と言っている方が楽だし周りからの目も厳しくない。

そんな意識だと、試合で使える訳が無いんです。

あえて、でも良いから作る、信じる。

そうすることで、試合に使えて練習にも身が入るというもの。

謙遜している人は、試合では勝てない。

自分の武器を使えないまま、よく分からない試合で終わってしまうのがオチです。

試合前に、「これを使う!」と決める

使った時点で、もう武器なんですよ。

相手がプレッシャーに感じてくれれば、それはもう大成功。

サーブ&ボレーやポーチボレー、リターンからのロブ、何でも良いと思います。

自分の中で、ポイントを取るイメージが湧きやすいもの。

そのショットを、しっかりと試合で使う。

当たり前のような話かも知れませんが、ココを意識出来て試合に入ることがテニスでは大事なんです。

   

一番最高なのは…?

武器で弱点を攻めること

ですよね、実際。

みなさんの武器で、相手の弱点を攻める。

よく考えれば、誰にでも分かります。

これが一番、実践出来れば効果的だということが。

なかなか出来ない、のはなぜでしょう?

アナタ自身の実力不足?

いえ、決断出来ていないから、試合前に武器を確認していないから、です。

決めれば道は拓ける

最初から、弱点なんて気付けない。

武器なんて使えない。

それで良いんです。

自分で決めて、行動に変えていくことがまず大事。

そりゃ、最初は何事も上手くはいかないですよ。

だからこそ、決めた人から道は拓けていく。

この意識、意欲を私は買いたいです。

意外と、出来るもの

やれば、意外と出来ます。

自分の武器で、相手の弱点を攻めていくこと。

これには、武器のコントロール性が必要ですよね。

ただ速い、強いだけだと、それは厳しい。

コントロール出来ないと、相手の弱点を突けないですから。

武器をコントロールして、相手の弱点を突いていく。

この基本、しっかり試合で実践出来るように練習しておきましょう!



相手には弱点があるし、自分には武器がある。

このこと、つい忘れてしまいがちですよね。

テニスの戦術の基本は、シンプルに考えましょう。

客観的に、俯瞰的に。

試合を遠くから見るような癖を身に付ければ、色々見えて来ます。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ

    みなさんがイメージする、強いテニス選手ってどんな選手でしょうか。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  3. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

    一流の選手の、凄いところ。私は、たくさんの試合を生で観て来まし…

  4. 戦術

    なぜ、打った後の反応が遅れるのか?

    良いショットが打てるのに、なかなか試合では勝てない。そういう…

  5. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  6. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  4. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
PAGE TOP