テニス ストローク

ストローク

「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

相手のバックハンドを狙うことは、テニスの試合では大事なポイント。

でも、ただ狙うだけよりも「特徴を踏まえて」狙うことで、相手からよりチャンスを引き出しやすい。

まずは、片手なのか、両手打ちなのか。

このポイントは目で見てすぐに判断できますよね。

 

「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?

 


 

■まず片手バックハンドの特徴から

学生の皆さんには少ないかも知れませんが、片手バックハンドを使う選手は男性プレイヤーに意外と多い。

スライス主体、スピン主体、色々あると思いますが、まずは片手の特徴をしっかり把握すること。

片手バックハンドはリーチが長いので、手を伸ばして最後の力でクイッと打てる。

しかも、両手と比べて回転量が多いのでスピンやスライスもボールがバウンドした後に跳ねて来る。

更に、ネットプレーを得意にしている選手も、片手バックハンドプレイヤーには多いですね。

弱点は高い打点。

特にストロークをスピン系で打つ選手は、肩より上は力が入り辛いので狙っていきましょう。

スライスで処理されることもあるでしょうが、そんなときは前に出てネットプレーを入れていくと効果的。

相手がつないでくる、のが分かったらすぐに前に詰めるのがテニスの試合では大事です。

 

■両手バックハンドの選手の特徴は・・・?

皆さんの中でも、自分も両手バックハンド、という方は多いんじゃないでしょうか。

まずはその安定感、が武器になる。

そして両手なので後ろから押せる、つまり多少打点が遅れても修正出来るし打ち負けないプレーが出来る。

ストロークで攻撃的なプレーが出来て、しかも粘れるのが特徴です。

ですが、浅いボールの処理は苦手な人が多い。

そしてネットプレーも・・・。

ですので、積極的にバックハンド側にドロップショットを打って相手を前に出す、と効果的に攻略出来るのが両手バックハンドの選手です。

リーチが短いのが弱点、とも書こうと思いましたが、足が速くてフットワークでカバ0ーしている選手がほとんどですから、あまり弱点にはならないでしょう。

とにかく両手バックハンドが得意な選手は、前におびき出すことが大事です。

 

■片手の選手も両手の選手も、バックハンドに欲しいのは安定感

アナタ自身、バックハンドを磨きたいと考えている方は多いはず。

分かります。

ですが、実際に試合で求められるのはまず安定感。

試合の中で、バックハンドを積極的に使うよりはやはり主役はフォアハンド。

この攻撃力を活かす為にも、まずはバックハンドをミスしない、相手に安易に攻撃されないようなレベルまで上げていきましょう。

具体的には、先ほど書いたような弱点、を克服すること。

速く激しい攻撃をバックハンド側から出来なくても、相手にさらけ出すような弱点にならないこと。

攻撃のことを考えていくのは、それからでも良いでしょう。

 

相手を観察して、攻撃していく。

でもその前に、ある程度の予測や傾向、統計的な部分を考えておくことは大事です。

だって、試合時間って短いし、あっという間に終わりますからね。

しっかり想定を立てて準備して、違っていたら頭を切り替える。

まぁでも、そんなに変わった選手はいないでしょう。

ほとんどの選手が、今回書いたような弱点、バックハンドに抱えていると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  2. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークでストレート」に流せると、テニスの試合では展開に幅ができる

    テニスの試合はミスが多い方が負け。攻撃もするんだけど、その攻撃…

  4. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  5. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

    テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められま…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「セミショートクロス」を、試合で使っていこう

    もうすぐ全仏オープン。クレーコートでの熱い戦いでぜひ注目して欲…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる
  2. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?
  4. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう
  5. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
PAGE TOP