テニス ダブルス

ストローク

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?

「使いたいけど、怖くてバックハンドで逃げてしまう・・・」人も、多いと思います。

そう、フォアハンドと聞くと簡単なようですが、実は難しく奥が深い。

でも、鍛えておけば最高に頼りになる武器になる。

それが、回り込みフォアハンドストロークです。

 

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

 

1.そもそも、回り込みのストロークって?

基本から、おさらいしましょう。

回り込みストロークとは、本来バック側に飛んで来たボールを、動いて自分のフォアハンド側で打つショット。

結構忙しいですよね、この回り込みストロークを打とうと思うと。

まず、決断力が無いと良いフットワークのスタートが切れない。

ボールは向かって来る、でもバウンド地点をしっかり見極めて、前後にも動かないといけない。

そう、大前提として、しっかり自分が「どこで打つのか」を予測して最短距離を動かないといけない。

忙しいですけど、これさえイメージ出来れば大丈夫。

年配の方、シニアの方でも、どんどん使えるショットになるはずです。

 

2.威力が出ないのが、「フォロースルー」に問題有り

せっかく回り込んでも、どこか威力が出ない。

窮屈なスウィングになってしまう人は、フォロースルーが小さいケースが多い。

特にフォアハンドは、回り込んで逆クロス、に展開していくショットになりますよね。

ここで前にしっかり腕を出していかいないと、威力が出ない。

フォロースルーをしっかり大きく、前に出す。

この意識を、練習からしっかり実践していくこと。

これが、回り込みフォアハンドストロークの威力をアップするポイントです。

 

3.打球からしっかり離れる、ことが出来れば大丈夫

回り込みフォアハンド、どうしても打点が近くなりがち。

無理も有りません。

一度ボールの後ろを通り過ぎていくので、そこから更に離れるのって勇気が要るんですよ。

でも、打点が近いとフォロースルーも大きく取れない。

しっかりボールから離れる、勇気を持つことが大事です。

相手のボールの動きに合わせる、のではなく、自分が速く動くイメージで回り込みましょう。

 

4.緊張した場面、ビビるような場面こそ

しっかりフォロースルーを前に、上に、出していく。

これが必ず、アナタのビビリを助けてくれるはずです。

緊張した場面、回り込んでフォアハンドをしっかり振っていく、フォロースルーを出していく。

この意識を持っているかどうかで、試合の大事なポイントの結果は変わってくるでしょう。

それくらい、回り込みフォアハンドストロークのフォロースルーは大事。

そして何より、頼りになる武器になるはずです。

 

つい、弱気になりがちなとき。

そんな時こそ、ぜひ試合でフォアハンドの回り込みストローク、打ってみて欲しい。

身体を大きく使えますし、足も動かせる。

きっと緊張もほぐれて、良い感じに調子が戻ってくると思いますよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  2. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す

    ドロップショットを、試合の中で使っていく時。この要素を加味出来…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」があ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「チャンスで後はストロークで決めるだけ‥」な場面でミスしない為に、大事なのは回転をかけたショットです…

    チャンスボールになると、急にぎこちない感じになる方、何ででしょうか・・…

  6. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

    相手のボールが、かなり遅いのにガシャってしまうミス。これでは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでいつも、「ラケットの変なところに当たる」人は・・・?
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?
  3. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
  4. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある
PAGE TOP