テニス ダブルス

ストローク

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?

「使いたいけど、怖くてバックハンドで逃げてしまう・・・」人も、多いと思います。

そう、フォアハンドと聞くと簡単なようですが、実は難しく奥が深い。

でも、鍛えておけば最高に頼りになる武器になる。

それが、回り込みフォアハンドストロークです。

 

フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

 

1.そもそも、回り込みのストロークって?

基本から、おさらいしましょう。

回り込みストロークとは、本来バック側に飛んで来たボールを、動いて自分のフォアハンド側で打つショット。

結構忙しいですよね、この回り込みストロークを打とうと思うと。

まず、決断力が無いと良いフットワークのスタートが切れない。

ボールは向かって来る、でもバウンド地点をしっかり見極めて、前後にも動かないといけない。

そう、大前提として、しっかり自分が「どこで打つのか」を予測して最短距離を動かないといけない。

忙しいですけど、これさえイメージ出来れば大丈夫。

年配の方、シニアの方でも、どんどん使えるショットになるはずです。

 

2.威力が出ないのが、「フォロースルー」に問題有り

せっかく回り込んでも、どこか威力が出ない。

窮屈なスウィングになってしまう人は、フォロースルーが小さいケースが多い。

特にフォアハンドは、回り込んで逆クロス、に展開していくショットになりますよね。

ここで前にしっかり腕を出していかいないと、威力が出ない。

フォロースルーをしっかり大きく、前に出す。

この意識を、練習からしっかり実践していくこと。

これが、回り込みフォアハンドストロークの威力をアップするポイントです。

 

3.打球からしっかり離れる、ことが出来れば大丈夫

回り込みフォアハンド、どうしても打点が近くなりがち。

無理も有りません。

一度ボールの後ろを通り過ぎていくので、そこから更に離れるのって勇気が要るんですよ。

でも、打点が近いとフォロースルーも大きく取れない。

しっかりボールから離れる、勇気を持つことが大事です。

相手のボールの動きに合わせる、のではなく、自分が速く動くイメージで回り込みましょう。

 

4.緊張した場面、ビビるような場面こそ

しっかりフォロースルーを前に、上に、出していく。

これが必ず、アナタのビビリを助けてくれるはずです。

緊張した場面、回り込んでフォアハンドをしっかり振っていく、フォロースルーを出していく。

この意識を持っているかどうかで、試合の大事なポイントの結果は変わってくるでしょう。

それくらい、回り込みフォアハンドストロークのフォロースルーは大事。

そして何より、頼りになる武器になるはずです。

 

つい、弱気になりがちなとき。

そんな時こそ、ぜひ試合でフォアハンドの回り込みストローク、打ってみて欲しい。

身体を大きく使えますし、足も動かせる。

きっと緊張もほぐれて、良い感じに調子が戻ってくると思いますよ。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手いから勝てる!

    試合に勝てる選手は、「ポイントを作るのが上手い」とよく言われます。…

  2. ストローク

    当たり損ないは、減らせる

    私は、最近これに真剣に取り組んでいます。ラケットとボールで、…

  3. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  4. テニス ストローク
  5. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、こ…

  6. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない
  2. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
PAGE TOP