テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

シングルスの試合での攻めるポイント。

これは、まず基本の形から決めてしまいましょう。

サーブを打って、その次の返球された3球目のボール。

テニスの試合では、このボールを展開していかないといつまで経っても中級者の壁を突破出来ません。

 

シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

 

1.サーブを逆算出来るようになる

「でも、自分はサーブが弱いから・・・」と、思っている皆さん、だからこそです。

サーブの次、3球目を攻撃すると考えれば、必要なサーブが見えてくる。

サーブから攻撃していく、のがサービスゲームですからね。

いつまでも甘えている訳にはいきません。

しっかり、3球目で本気で攻撃しようと思ったら、必要なサーブってなんでしょう?

浅いリターンを引き出す、リターンのコースを限定させるようなサーブ、だと思いませんか?

 

2.セカンドサーブになると、当然苦しくなる

当たり前ですが、これも私がずっと書いてきていること。

でも、どこかで「セカンドが入れば、まぁ良いか・・・」と思っている人も多いでしょう。

シングルスの試合で、セカンドサーブになるとこういった3球目攻撃も一気にやりにくくなりますよね。

だからこそ、ファーストサーブが大事なんです。

3球目に攻撃しよう、と決めていれば、おのずとファーストサーブの確率が上がるはず。

メンタルって、そういうモノです。

 

3.いかにサーブで無理しないで良いか、が分かるはず

この形でポイントが獲れるようになると、すごく楽。

まずサーブで無理しないで良い、チャンスを引き出すくらいで良いと思えるようになる。

ダブルスでも、前衛に決めてもらえば良い、という感覚になりますからね。

当然、厳しいリターンが返ってくるときは攻撃が難しいときもあるでしょう。

でも、作戦を決めて臨めばその対応策も自分で考えられるはず。

シングルスの試合で、一番シンプルで実行しやすい作戦。

として、3球目から展開していくことは必ず、頭に置いておいて下さい。

 

対戦相手に、「この選手はリターンの次のボールで攻撃して来るな・・・」と思わせておく。

そうすると、リターンでもミスが増えるようになるんですよ。

深く、厳しく返球しないと・・・と自分にプレッシャーをかけてくれますからね。

この段階までもっていければ、効果を実感出来ると思いますよ。

ぜひ、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

    サーブ&ボレー。って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  3. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

    シングルスの試合、疲労度が溜まる終盤。これは、本当に精神戦です…

  4. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  6. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩
  4. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
PAGE TOP