テニス メンタル

メンタル

3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。

そういう人って、とにかく貪欲なんですよね、ポイント取得に。

どんなに連続でポイントを取っても、ゲームを取っても、満足しない。

まるで飢えた獣のように、どんどん試合を進めて相手を食べてしまうような感覚、じゃないでしょうか。

みなさんにも、このポイントを意識して欲しいんです。

 

3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

 


 

1.どうして私たちは、2連続で満足してしまうんだろう?

これは、実に深刻な問題です。

私たちは、試合の中で2連続ポイント、が取れた時にどうでしょうか。

恐らく、かなり満足してしまうと思うんですよね。

どんなカウントでも、シチュエーションでも、連続で点が取れるとどこかで安心してしまう。

ちょっと手を抜く、つもりは無いんですけど、勢いを弱めてしまうようなところ、あると思うんです。

みなさん、心当たり無いですか?

ここで「ドキッ!」と感じられない人は、かなりテニス選手として厳しいと思いますよ。

 

2.2連続の後に、攻撃的な姿勢を貫けるかどうか

テニスでは、3連続ポイントが大事。

ゲームの最初から3連続ポイント、だと40-0や0-40にもっていけるので、ゲームポイントになりますから圧倒的に優位。

ゲームの途中からなら、3連続ポイントが取れればほぼ、ゲームを取得出来ますよね。

当たり前のようですが、この3連続の意識がある人って、なかなかいないんです。

何も変えないで、何となく上手くいったことを繰り返してもダメ。

それが通用するのは、3回戦までの相手でしょう。

 

3.2回やられたら、相手は変えてくるのが基本

強い相手なら、必ず何か変化を付けてきます。

2回やられたら、考える。

何かを変えてくることを想定して、こちらもぜひ積極的な変化を付けていきたい。

私なら、やっぱりネットプレーですね。

2連続でストローク、でポイントが取れたら、3本目はネットに出る。

相手に、「絶対にこの連続ポイント、途切れさせないからね」というメッセージを送ります。

強い選手って、勝っているとき、優位なときに変化を付けてくる。

3連続ポイント取得、の3ポイント目は何より大事。

貪欲に取りにいく姿勢、がアナタにもぜひ欲しい。

私はそう考えています。

 

4.3連続ポイントの場面、は意識しないと作れない

とにかく、何も考えないで3連続、なんて無理です。

それは明らかに、実力差があるときだけでしょう。

拮抗した試合なら、3連続ポイントは待っていても取れない。

でも、取れるとすごく大ダメ―ジを相手に与えることが出来る、じゃないですか。

だからこそ、貪欲に、準備する。

「絶対に、どこかで3連続ポイントを取るんだ!」と、決めておく。

焦る必要は無いですが、2連続ポイントくらいで安心する弱い心、は封印して臨みましょう。

 

テニスの記録を見てみても、3連続ポイントが取れればほぼ負けない。

試合の流れを決めるくらい、大きな差になっていくはずです。

アナタ自身、もっと意識して欲しいんです。

連続ポイントに、貪欲になることを。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!

    テニスの実力、それぞれのショットは普通なのに、なぜか試合で勝ち上がる。…

  2. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

  3. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い

    今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。…

  4. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう

    関東は、雪です。これほど降るのは久々かな、という感じですね。…

  5. メンタル

    経験値という名の、足枷

    周りと比べて、自分が優れていることは何か?これを考えて試合を…

  6. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう

    テニスの試合は、孤独。コートの上では、基本的に一人で戦っていか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    ミックスダブルスで、勝てるロブの考え方5つ
  2. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、…
  3. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
  4. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
  5. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる
PAGE TOP