テニス 部活

メンタル

テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

トーナメントも勝ち進んで3回戦。

サーブに触るのもやっとだし、ラリーに持ち込んでもコートの端から端まで走らされてしまう。

そんな対戦相手を、テニスの試合では何としても攻略していかなければなりません。

「簡単にはいかないよ・・・」と嘆く前に、まず意識を少し変えて、そこから習慣も変えてみませんか?

 

テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

 

■同じレベルの選手だから、同じ大会・トーナメントに出ている

そもそもの考え方ですが、アナタが出場している大会には、ほぼアナタと同じレベルの選手が出場している。

この大前提を頭に置いておくと、勝てない相手は自分が作らない限り、基本いない、ということになります。

もちろん県内トップのジュニア選手もいれば、隠れたスーパールーキーも潜んでいるかも知れません。

それでも、アナタが戦う相手は全て、「勝つチャンスがある」ということをまずは覚えておきましょう。

 

■格上シード選手は、簡単に弱点をさらけ出してはくれない

どんな選手にも、弱点は必ずあります。

しかし実力がある、試合巧者の相手は、なかなかその弱点をさらけ出してくれません。

ここでどういう手立てが、アナタの中にあるかを確認しておきましょう。

浅いボール、スライスショット、クイックサーブ・・・、といった、相手に対して揺さぶりをかける武器を、どれだけ持っていますか?

強い相手に対して、まともにぶつかっていく必要は無いのです。

相手を左右前後、緩急で揺さぶってこそ、少しずつ弱点や苦手な部分が見えてくる。

その為の手数は、しっかり練習して持っておくようにしましょう。

 

■「この試合、どこかおかしい・・・」の積み重ねが、アナタに勝利を呼び込む

拮抗した試合を進められれば、後半に必ずチャンスが来ます。

「相手=アナタは、大したことないのに、どこか調子がおかしいな・・・」と思わせておければ、精神的に乱れて弱点が見えてくる

人は、弱気になったときにこそ弱点を突かれることを避けたがる傾向にあります。

ここぞ!というポイントでバックハンドを避けているようであれば、それは弱点の可能性もある。

しっかりデータを溜めておいて、試合終盤の大事な場面では勇気を持って攻撃していきましょう。

競った試合にまずは持ち込む、そこで何を避けているかを感じとる、そうすればアナタの勝利の可能性がグッと見えてくるでしょう。

 

体験こそ、成功の母。

粘って格上選手を研究して試合に勝った時、きっとアナタ自信新しいステージに行けるはず。

ぜひこういった体験を通じて、どんな選手でも、名前負けしない選手になって下さい。

弱点を探す習慣は、テニスコート以外でもたくさんヒントがあります。

もっともっと、アナタ自身の周りの人をよく興味を持って観察してみると良いでしょう。

きっと良いトレーニングになるはずです!

関連記事

  1. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック種目…

  2. メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が最後に笑うことが出来る、のがテニスという競技です

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

  4. メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

    「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。広島カ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?
  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教…
  3. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  5. ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!…
PAGE TOP