テニス ボレー

シングルス

自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です。

ダブルスよりも自由に出来る、いくらでも作戦がありそうですが・・・逆に、何をやって良いのか分からない、と言う方が多い。

確かに、仰る通りですね。

私も、いまだにシングルスは苦手だったりしますが・・・それでも、私なりの考えはこれです。

実は、出来ることがたくさんありそうで少ない、のがシングルスの試合じゃないでしょうか。

自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

1.何でも出来そうな錯覚、を覚えてしまうのがシングルス

まず、パートナーがいませんからね。

それを不安と感じるか、気楽と感じるか。

気楽と感じたら、もう何でもやりたくなってしまう。

自分が出来ないこと、も無いように感じるし、ミスも気にしないようなメンタルになる方もいるでしょう。

悪いことじゃないと思いますが、シングルスの試合って思ったほど「自由」でも無いですよ。

私はそう思います。

2.自分が全部のボールを打ち返す、という現実と向き合わないと

当たり前ですが、一人ということは自分が打って、相手が打ち返して、そのボールは必ず自分が打たないといけない。

良いサーブを打っても、返球されたらポーチに出てくれる前衛はいませんからね。

自分が打ち返す、ということは、打ち終わった後のポジションや態勢、も大事だと思いませんか?

それなのに、シングルスの試合では「良いボールを打つことだけ」に全精力を使い過ぎている人が多い。

これでは、返球されたときに弱い。

ダブルスなら、パートナーがカバーしてくれるポイントもあるでしょうが、シングルスは違う。

守備から攻撃、攻撃から守備、全て自分一人でやらないといけないという現実がありますからね。

だから、「出来ることが少ない」ことに気付くんです。

3.厳しい態勢なら、時間を稼がないといけない

まず、守備では結構やることが限定されますよね。

相手から攻撃されて、走らされている状況なら「時間を作るショット」が必要。

スライスも必要ですし、高い軌道のムーンボールも必要。

自由に打って良いと思ったら、守備を捨てても良いんですが・・・それでは自分のコートをカバー出来ない。

シングルスの試合、出来ることって実は少ないんですよ。

出来ること、と言うかポイントにつながるようなプレーは、渋い地味なプレーが多い。

ダブルスよりも、よりシングルスは「打っていない時間」も大事ですからね。

4.攻撃していく側の選択肢は、増やしていこう

守備はある程度、やることが限られる。

でも攻撃は・・・どうでしょう。

やっぱり、選択肢は増やしていきたいですよね。

一発の威力が無い、と自分でも感じている女性や社会人、シニアのプレイヤーの方は、この選択肢で勝負したい。

コートの端から端、までスライスや遅いショットでしっかりコントロールする。

相手が迷うから、エースも取れる。

シングルスの試合、攻撃にはバリエーションが欲しいし、打った後のポジションも大事。

前に出るのも良いし、前に出るフリをして戻る、というフェイントも効きやすい。

シングルスで好きにやりたい!という人は、攻撃の選択肢を増やす工夫をしていきましょう。

その分、守備はやっぱり我慢する。

このメリハリ、大事だと思いますよ。

それでもやっぱり、効果的なコースは限られてくるでしょう。

基本的にはフォアハンド側を少し空けて、クロスラリーからダウンザラインに展開していく。

シングルスの試合って、実はすごく地味ですからね。

それを覚悟して、でもシングルスの試合って面白いと思えるかどうか。

ダブルスも良いですけど、たまにはシングルスも良いものですよ。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  2. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  3. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  5. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  2. ストローク

    テニスの試合で、「相手のストロークのボールが浅くなる!」ことに気付く為に確認すべ…
  3. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない
  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
PAGE TOP