テニス ストローク

シングルス

意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、改めて感じました。

この作戦、本当に有効です。

ネットプレーが怖い、抜かれそう・・・という方も、騙されたと思って試してみて欲しい作戦です。

 

意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

 

1.ボールが「弾まない」オムニコートの特性を活かす

オムニコートって、基本的にあまりボールが弾まない。

コートの状況や天候、にもよりますが、バウンド後にボールが失速するので打点が低くなりがちですよね。

特に、浅いボールはその傾向が強い。

ストロークのラリーでも、浅いボールってオムニコートだと処理し辛くないですか?

今回は、この点を突いてネットプレーにつなげる作戦。

特に相手のバックハンド、は狙い目ですね。

 

2.ゆっくりスウィングして、意図的に浅いボールを打ってみよう

コツは、「ゆっくり、ゆったりラケットを振ること」です。

少しだけ打点が後ろ、でも良いでしょう。

そうすると、自然にストロークのボールは浅くなります。

それも、打つフォームが変わらないから相手は良い感じに相手は「深いかも」と思ってくれる。

相手のバックハンドを低い打点、でスライスで処理させるようなところ、が引き出せれば大成功!

相手の様子を見つつ、スススッと前に出てそのスライスを仕留めましょう。

 

3.スライスロブ、も頭に入れておく

相手が気付くのは、打つ直前。

「前にいる!」と思ったら、そこからロブ、で切り返してくる可能性も高い。

安心してください、スライスロブは怖く無い、絶対に打ち切れる。

前に出ながら、相手のラケット面を見て打ち出されたボールの角度、でロブを判断したら素早く下がりましょう!

このボールは、絶対に落とさない、ハイボレーで良いのでノーバウンドで処理すること。

相手を走らせるボールは、充分に打てるはずです。

しっかりボレーで攻撃していく、一連の流れを意識しましょう!

 

相手は、やられた気がしないでしょうね。

浅いストロークからの作戦、にはまっていることに気付くのは試合の後、かも知れません。

シングルスでは、後ろの打ち合いからどう展開していくか、が肝になる。

ぜひ、攻撃パターンに入れておいて下さい。

絶対に損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

    自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないから…

  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみ…
  2. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  3. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は、ただのこじらせ屋さんで…
  4. テニス 観察眼

    その他

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないそ…
  5. テニス知識

    テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
PAGE TOP