テニス リーダー

ダブルス

団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。

そう考えるときに、肝になるのはダブルスでしょう。

学生でも社会人、ベテランの方でも、団体戦はダブルス勝負。

シングルス以上に、格上を倒すチャンスがあるし、チームとしての可能性も拡がる。

私は、そう考えています。

 

団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

 


 

1.ほとんどの団体戦は、まずダブルスから

進行するコートの面数にもよりますが、団体戦はダブルスから。

まずダブルスの試合から入るケースが多いですよね。

ここで先手を取れれば、相手にプレッシャーをかけられる。

これが個人戦との違いですよね。

シチュエーションが違えば、シングルスの強者だって倒せるチャンスがある。

団体戦、ダブルスで先行していくのは常套手段。

そのために、求められるのは「動けるダブルス」です。

 

2.団体戦は、硬くなるのが普通

個人戦と違い、自分の1勝がチームの1勝になる。

同時に、自分の1敗もチームの1敗として、重くのしかかるのが団体戦です。

ですから、ダブルスも最初は硬くなる、と思っておいた方が良い。

相手も、手堅く、ミスをしないように・・・と試合に入るはず。

ここは、狙い目です。

ぜひ、試合の序盤から動いていきましょう。

ポーチやチェンジプレー、ロブなんかを使って、ポジションを動かして、動いていく。

きっと、相手は面食らうと思いますよ。

そしてこちらは、良い感じで緊張感がほぐれて来るでしょう。

この準備、団体戦のダブルスには大事な要素です。

 

3.ポイントを取ったら、仲間を見よう!

応援を味方につけて、自分を盛り上げていく。

せっかくの団体戦ですからね。

ポイントを取ったら、応援してくれる仲間を見る。

ガッツポーズを、作ってみる。

何も、大騒ぎしなくても良いですから。

仲間と目を合わせるだけで、きっとアナタ自身はパワーをもらえるし、自信も持てるはず。

こういうのも、当たり前のようで小さなテクニック。

観客を利用して、応援を背にして戦うこと、がアナタ自身の強さになるはずです。

 



 

4.ダブルスの重み、を噛みしめよう

団体戦は、ダブルスが大事なんだ、と。

しっかり自覚して試合に臨む、準備する。

先行出来ればチームとして勝てる可能性が高いし、何よりダブルスは勝ったら2人で喜べる。

勝った人数が多い、というだけでチームは盛り上がります。

応援も利用して、活気のある試合をする、勝っていく。

そうすることが、アナタ自身の一番の成長につながっていくでしょう。

 

団体戦、相手の主力はきっとシングルスでしょう。

「ダブルスなんて、つまらないな・・・」と思っている方は、もったいないですよ。

盛り上げながらチームを勝たせる、そんなペアを目指してみませんか?

それがアナタ自身のシングルス、テニスの実力にもつながっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. ダブルス

    男子ダブルス、今年こそ強くなりたいなら

    男子ダブルスで、結果を出すために。今年こそ!と思っている方は…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「2人で同時にボールを追ってしまう」形になったときには・・・・?

    どんなに練習を積んだペアでも、ミスは起きる。テニスの試合では、…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

    ダブルスの試合で強いペア、みなさんどんな選手を想像しますかきっ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
  4. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう
  5. テニス ガット

    その他

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう
PAGE TOP