シングルス

「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・シングルスかな」と答える。

最近はダブルスも好きだけど、シングルスの方が得意かもしれない。

その理由は、走りまくって、相手のナイスショットを拾って粘るスタイルが好きだから、シングルスの方が活かしやすい。

シングルス特有の、黙々と何時間もプレーし続けるのも嫌いじゃないしね。

 

「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

 


 

でも一番の理由は、ダブルスよりも先に、ポイントを取るための パターン(法則)が確立出来たことかもしれない。

どうやれば効率よくポイントを取れるのか・・・が分かってから、更にシングルスは面白くなった。

しかしシングルスで自分のポイントパターンを確立出来ている人って、ダブルスに比べて少ない気がするんだよ。

 

ダブルスは一人がネットに立っているから、その人は必然的に攻撃担当になる

となると、もう一人は繋ぎ&組み立ての係となって、戦略を練りやすい。

しかしシングルスは、自分で繋いで、自分で組み立て、自分で決めて・・・と、一人何役もこなさないといけないだけに、下手に攻撃へ移ると逆襲を喰らってやられてしまうし、繋ぎ続けても相手が粘りのある人だと、終わりなきラリーを続けないといけない。

 

テニスの基本は「繋ぎ」である

ポイントの殆どがミスにより生じる。

でもミスを待っているだけではポイントは取れないので、脅しをかける程度の攻撃は必要なのだが、その脅しが何なのかを見付けて、シングルスの中に盛り込む必要があるのだ。

 



 

その一つがネットプレー

相手を左右に揺さぶったり、相手の不得意なサイドにショットを集めたり、不意にコースを変更したり・・・と繋ぎつつもちょっと相手が「これ、嫌だな・・・」と思った時にすかさずネットプレーに移せるか・・・・なんだよね。

そういった「繋ぎ」と「攻撃」のスイッチを切り替えるタイミングが見えて来ると、シングルスはとてつもなく楽しく感じる。

でも、この切り替えが出来なくて、プレーがグチャグチャになる人が多い。

練習の中でもしっかりと、「今は繋ぎ、よし!ここから攻撃!」という風に、しっかり判断しながらプレーしていこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

  3. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

    セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。ちょっと無謀とも思えるよ…

  4. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  5. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の序盤のファストサーブは、「コース狙いのセカンドサーブ」で
  2. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
  5. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を
PAGE TOP