テニス ストローク

ストローク

深いボレーを下がってストローク、でその後は?

ダブルスの試合になると、ストローク対ストローク、の打ち合いは少なくなる。

雁行陣同士の試合、ならサーブを打った選手とリターンの選手、でクロスラリーは増えるでしょうが、それでもどこかで前衛が絡んできますよね。

ボレーを打たれて、その後のストロークはどうすれば良いのか。

これって、ストローク同士の打ち合いだけ練習していると、試合で痛い目に遭います。

 

深いボレーを下がってストローク、でその後は?

 

1.深いボレーを、どう処理するのか?

アナタ自身がベースラインに立って、ストロークを打つ。

相手はボレー。

そのボレーが深くコートに入って来たとき・・・アナタには、どういう選択肢があるでしょう?

通常だと、下がって止まって、返球する、というのが基本かも知れません。

でも、相手はボレーヤー、ネットに付いている状態。

もしこれが試合なら、アナタは自分で自分の首を絞めていることになる。

だって、下がって打った後に浅いボレー、カバー出来ますか?

 

2.後ろ足体重で打つなら、基本はロブ

実際の試合では、こうなります。

後ろ足体重になるようなナイスボレー、を処理するなら、やはり基本はロブ。

速いストロークを打ったが最後、レベルの高い相手なら前に落とされて終わりです。

これが練習から、また深いボールを相手が「打ってくれる」こともあるでしょうが、試合では違う。

1つの選択ミスを、強い相手は見逃してくれません。

あくまで、深いボールを処理した後、のことを考えないと。

「そんな余裕、無いよ・・・」という方は、練習から試合を想定して深いボレーを処理を7割くらいの力で打てるように。

残りの3割は、相手を観察する力、にあてましょう。

 

3.出来るだけ「バウンドさせない」ことが重要になる

ダブルスの試合では、深いボレーを出来るだけバウンドさせないこと。

思い切って、ロブボレーやドライブボレー、を深い位置から打つのも有りだと思います。

だって、落としても鋭く滑るボレー、しんどいだけですからね。

普段の練習から、「これは、落として良いボールか、そうで無いのか」は自分で厳しく判断出来るように。

実際の試合では、深いボレーの処理のレべルが勝敗を分ける。

どんなに上手い選手でも、やっぱり深く鋭いボレーを、ストロークで返球するなんて難しい訳ですから。

 

4.足元に沈めたいなら、そのチャンスを作ろう

強引に足元に沈めたい、気持ちも分かります。

でも、実際に確率はかなり低いはず。

深く滑るスライスボレー、打点も低い、強引に沈めるよりも、一回ロブで逃げてチャンスを作る。

浅く打点が高いボールのときに、ストロークは沈めるような軌道で打っていく。

このメリハリ、をしっかり自分で作らないと並行陣には対抗できません。

足元に沈めるストロークは、基本だけどいつでも打てる訳じゃない。

その他に、使える攻撃を磨いておく、守備を鍛えておく。

そうすれば、相手のボレーもいつか甘くなるはずです。

 

実際に、私も並行陣で試合をプレーしていますが、深いボレーで下がってくれる選手は本当に楽。

だって、そこからどんなに強力なストロークが来ても、前に落とせば良いだけですから。

ネットから離れてくれれば、こちらには余裕が生まれる。

アナタ自身、そんな「並行陣の鴨」になってはいませんか?

深いボール、落とさない方が良い、そして落とすならしっかり考えて落とすこと。

ダブルスの試合に勝つために、基本の考え方だと思います。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

  2. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バック…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

  4. テニス 練習
  5. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  6. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    狙って良い前衛、悪い前衛の見分け方
  2. テニス 指導

    サーブ

    サーブの打ちっ放し練習こそ、アナタのチームを弱くしている要因かも
  3. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
  4. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「軸足使い分け上手」になれば、テニスの試合で積極的にライジングショットで攻撃でき…
PAGE TOP