テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。

錦織選手はもちろん、男子選手も女子選手も、得意にしている選手が多いこのショット。

アナタはしっかりと、試合で使える武器に仕上げられていますか?

今回は改めて、その回り込みフォアハンドを活かす為に必要なポイントをまとめてみます。

 

テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

 


 

1.基本のポジションは「フォアハンドを空けて」待っておく

シングルスで特に顕著ですが、基本的にフォアハンド側は空けて待つように意識しましょう。

バックハンドストロークを両手で打っている人はどうしてもリーチが短い部分をケアしないといけませんし、何よりフォア側で攻撃していく為に打つ機会を増やしていかなければいけません。

回り込みのフォアハンドを打つ為には、バック側を空けて待つのも手ですが、強引にバック側にきた球を回り込んでも逆効果です。

基本的にはセンター寄り少しバック側を、まず確実に回り込むように意識しましょう。

 

2.高い打点のボールを打てるように「ワイパースィング」を身に付けておく

せっかく回り込んでも、打点を落としてしまったら攻撃的な要素が削がれてしまいます。

ラケットヘッドを立てて、ボールの横を打てるようなワイパースィングをしっかり練習しておきましょう。

コートの内側に入ってライジングでもしっかり打てるように、早い準備とフットワークを意識して高い打点で捕える癖を付けましょう。

 

3.フットワークのポイントは「肩を入れた状態で丸く」動いてボールを迎えにいく

テイクバックの速さが、回り込みフォアハンドの生命線です。

肩が入った状態で、ボールの後ろに円を描くようフットワークで入っていきましょう。

回り込みが慣れていない人は、この動きが遅いケースが多いです。

「回り込めるボールは、回り込む!」と作戦を決めていれば、迷う必要はありません。

相手がバック側に繋いでくるボールは、どんどん予測して積極的に円を描くように大きく回り込んでいきましょう。

 

4.ストレートアピールは、相手に効いているか?

回り込みのフォアハンドの魅力は、何と言ってもそこからの強烈な逆クロスのショット。

だからこそ、それを活かす為には「ストレートにもいつでも打てます」というアピールを、しっかり相手に意識させておく必要があります。

「回り込んだら、逆クロスしかこない」と相手にとっては、脅威になりません。

大事なポイントでダウンザラインに打ち抜くことが重要。

そしてそのショットを打ったら、「いつでもダウンザライン、狙ってます」というアピールを、しっかり肩を入れて行っていきましょう。

 

5.回り込んで逆クロスへのドロップショットは、ぜひ身に付けたい技術

錦織選手が最も得意とするショットが、コレでしょう。

回り込んで強打するかと思いきや、グリップを握りかえてドロップショットを打つ。

しっかり強打すれば、相手はベースライン後ろに下がる傾向にありますので、前を使わない手はありません。

ポイントは、「しっかり打ち込む」という雰囲気を相手に伝えること。

鏡を見ながら、自分の演技のリアリティを磨きましょう。

テニスには演技力も必要です!

 

テニスの初中級者では、「バック側に来たボールは、バックハンドで打つもの」と思い込んでいる人が多いように思います。

確かにバックハンドも練習が必要ですが、それ以上に「相手にとって脅威になるかどうか」を試合では意識しないといけません。

回り込んでばかりだと、フォアハンド側のスペースが空くのでは・・・という不安もあるでしょう。

それでもまずは、「良いボールを打って、攻撃していく」というのが大切。

試合では思い切ったフットワーク、フォアの逆クロスは必要。

アナタ自身も、攻撃的な姿勢をこのフォアハンドの虐クロスを磨くことで養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!

    テニスのラリーでは、シンプルですがあるルールがある。それは、自…

  2. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  3. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する

    ダウンザライン方向への、ストロークの展開力。この精度が、試合で…

  4. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。…

  5. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に
  2. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度の…
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
  4. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
  5. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
PAGE TOP