ストローク

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められます。

ですが普段のストロークをベースライン同士での練習に偏っていると、なかなかボレーヤーに対しての対応が難しい。

少しでも浮いたら、上のレベルではそれでポイントが終わってしまう。

そうならない為に、しっかり足元にボールを運ぶには回転量が必要。

その為には、しっかりラケットを縦に振っていくことが大事です。

 

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

 


 

■回転をかけるストロークは、基本的には縦方向のスィング

コントロールが良く、なおかつ回転量が多いショットはどうすれば身に付くのか。

まずはしっかり、ストロークのときに横向きの態勢を作ること。

そして打点を前に取ってラケットを上に振っていく、スライスであれば上から下に振っていく、という意識が大事です。

力を加減して足元に落とす・・・というのではなく、ラケットはしっかり振り切ること。

グリップを厚くしたり薄くしたりで、かなり調整出来るはずです。

ベースラインにいる相手、ネットにいる相手、でどこを変えると良いのか、アナタ自身考えてみて下さい。

 

■速いボールを打つことが、ポイントに繋がるとは限らない

速いボールはそれだけ、アナタ自身に速い準備が求められる。

だからこそ、遅いボールに着目しましょう。

遅いボールを上手く使えれば、相手の態勢を泳がせることが出来ますよね。

「前に詰められたら、どうするの・・・?」と言う方は、ぜひロブを活用しましょう。

足元に良いボールが打てていたら、必ず相手は前にポジションを移してくる。

 

■縦スィングが出来れば、ストローク力は上がる!

横に振るストロークは、安定しない。

身体が開くと打点がぶれますので、腰を回していく中でもラケットはしっかり縦に振ることを意識しましょう。

その為には、スタンスをしっかり決めること。

後ろ足が前にくるようなスィングですと、試合で使えないしラリーが続かないですよね。

一度自分のフォーム、しっかりと動画で撮影して観てみませんか?

 

ネットプレーを相手に、慌ててしまうケースは多い。

だからこそ、しっかりと対策を取って自分で自信を持ったプレーが出来ないと厳しいですよね。

縦のラケットワークをしっかり覚えて、ラケットを振り切っていくことを覚えましょう。

横振りでラケットを振り切っても・・・アウトが増えるだけですね。

ぜひ対ネットプレイヤー用のストローク、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  3. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

    シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    ダブルスでネットプレイヤーに対抗するには、「突き球のストローク」は必要不可欠な技術です

    今まで、どちらかと言えばネットプレイヤーに対してはいかに「足元に遅いボ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
  2. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう
PAGE TOP