ストローク

走らせ甘いボールを引き出す、決める

甘いボールを引き出して、決める。

テニスの試合は、攻撃は基本これだけです。

焦る必要は無いし、何も特別なことをする必要はありません。

走らせること、をしっかり意識出来れば、普段の練習の意識から変わりますよ。

 

走らせ甘いボールを引き出す、決める

 


 

1.走らせるボール、手段は何がある?

走らせるボール、みなさんは何を想像出来ますか?

まず、ドロップショットですかね。

浅いボールをしっかり打てるように、磨いておく意識は大事。

プラスで、横に走らせるボールですね。

ショートクロスをしっかり打つこと、浅めに打ってコートの外に走らせること、が大事。

この2つのボールを打てるように、しっかり練習していきましょう。

走らせる手段、を縦と横に打てるように練習しておく。

甘いボールを引き出すには、必須の技術です。

 

2.普段の練習で、意識したいこと

しっかり打つ、練習するのに意識したいこと。

普段の練習って、なかなか広い場所で打ち合うこと、出来ないですよね。

ですが、コート半面での打ち合いや、1/3のコートの打ち合いでも相手を動かすことは出来ます。

「全面で1対1で練習しないと無理だよ」というコーチの方もいるでしょう。

私は、そうは思いません。

むしろ、狭い範囲でしっかり打ち合う中で、相手を動かすこと。

その方が練習になるし、メリットだってありますよ。

 

3.相手も拾ってくれるから、決めるところまでいける

ラリーの中で、相手が拾ってくれる。

狭い範囲の中でラリーしていると、相手も拾って返してくれるじゃないですか。

これって、すごく実戦向き。

ドロップショットやショートクロスを打って終わり、じゃなくてその次、も練習になる。

人数が多くても、相手を動かして決める練習は出来ます。

テニススクールでも、同じ。

相手をしっかり動かして甘いボールを引き出す、決める。

これをまず、狭い範囲のコート、ラリーで出来るようにならないとダメでしょう。

 

4.試合だって、やることは同じ

実は、試合もそうです。

ダブルスなんか、基本は担当はコート半面ですからね。

相手を動かす練習が、しっかり出来ていれば、怖く無い。

普段からやっていること、を試合でもやれば良いだけ。

シングルスでも、そんなにコートの端には来ないでしょう。

大事なのは、普段の練習から相手を走らせて決める、という成功体験を繰り返し積めているかどうか。

特別なことを試合でやろうとしても、上手くはいかない。

練習の続き、で良いんです。

 

相手を走らせるショットの練習。

それは今、アナタ自身の環境で確実に出来ます。

ちょっとの意識改革と、ショットの研究で確実に試合で使えるショットは身に付くはず。

攻撃の基本練習、まずは狭い範囲の打ち合いから集中していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!

    ストロークで相手を攻撃していくとき。みなさん、どんな場面を想定…

  2. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?

    テニスの試合中、ビビってしまうことはよくある。ビビった状態でス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について

    ストローク、ボレー、スマッシュ。サーブにリターン・・・。それ以…

  4. テニス 戦術

    ストローク

    両手バックハンドストローク、の人こそ片手のスライスも練習しよう

    昨日の夜、錦織選手の試合を観戦していた方も、多かったんじゃないでしょう…

  5. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    努力に必要なのは、勝算
  2. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  3. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って
  4. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い
  5. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
PAGE TOP