ストローク

走らせ甘いボールを引き出す、決める

甘いボールを引き出して、決める。

テニスの試合は、攻撃は基本これだけです。

焦る必要は無いし、何も特別なことをする必要はありません。

走らせること、をしっかり意識出来れば、普段の練習の意識から変わりますよ。

 

走らせ甘いボールを引き出す、決める

 


 

1.走らせるボール、手段は何がある?

走らせるボール、みなさんは何を想像出来ますか?

まず、ドロップショットですかね。

浅いボールをしっかり打てるように、磨いておく意識は大事。

プラスで、横に走らせるボールですね。

ショートクロスをしっかり打つこと、浅めに打ってコートの外に走らせること、が大事。

この2つのボールを打てるように、しっかり練習していきましょう。

走らせる手段、を縦と横に打てるように練習しておく。

甘いボールを引き出すには、必須の技術です。

 

2.普段の練習で、意識したいこと

しっかり打つ、練習するのに意識したいこと。

普段の練習って、なかなか広い場所で打ち合うこと、出来ないですよね。

ですが、コート半面での打ち合いや、1/3のコートの打ち合いでも相手を動かすことは出来ます。

「全面で1対1で練習しないと無理だよ」というコーチの方もいるでしょう。

私は、そうは思いません。

むしろ、狭い範囲でしっかり打ち合う中で、相手を動かすこと。

その方が練習になるし、メリットだってありますよ。

 

3.相手も拾ってくれるから、決めるところまでいける

ラリーの中で、相手が拾ってくれる。

狭い範囲の中でラリーしていると、相手も拾って返してくれるじゃないですか。

これって、すごく実戦向き。

ドロップショットやショートクロスを打って終わり、じゃなくてその次、も練習になる。

人数が多くても、相手を動かして決める練習は出来ます。

テニススクールでも、同じ。

相手をしっかり動かして甘いボールを引き出す、決める。

これをまず、狭い範囲のコート、ラリーで出来るようにならないとダメでしょう。

 

4.試合だって、やることは同じ

実は、試合もそうです。

ダブルスなんか、基本は担当はコート半面ですからね。

相手を動かす練習が、しっかり出来ていれば、怖く無い。

普段からやっていること、を試合でもやれば良いだけ。

シングルスでも、そんなにコートの端には来ないでしょう。

大事なのは、普段の練習から相手を走らせて決める、という成功体験を繰り返し積めているかどうか。

特別なことを試合でやろうとしても、上手くはいかない。

練習の続き、で良いんです。

 

相手を走らせるショットの練習。

それは今、アナタ自身の環境で確実に出来ます。

ちょっとの意識改革と、ショットの研究で確実に試合で使えるショットは身に付くはず。

攻撃の基本練習、まずは狭い範囲の打ち合いから集中していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス 気付き
  3. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る

    風が強い日の試合、相手も自分もなかなか苦しいですよね。いつも通…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント

    フォアハンドは得意だけど、バックハンドがどうも・・・当たらない。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

  6. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません

    テニススクールやテニス部の中で、教えてもらう機会が少ないのがこの「回転…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている
  2. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識…
  4. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる
  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
PAGE TOP