テニス リターン

フットワーク

打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと

知らないうちに、追い込まれている。

知らないうちに、負けている。

テニスの試合って、こういうのがほとんどです。

この「知らないうちに」というのが、アナタ自身の大きな問題。

そう、気付いていないだけ、というのは実に罪なこと、大問題なんです。

 

打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと

 

1.問題は、ボールを打っていない時に起きている

要は、構え直しです。

テニスは、打った後に次への備え、すぐに始まっている。

ボールがガットから離れた瞬間に、もう次、なんです。

試合に出ている人は、この部分に自分で厳しくならないと絶対に成長しない。

練習は、狭い範囲で相手も打ちやすい場所に打ってくれるじゃないですか。

でも、試合は違う。

自分のいないところに、それも時間を奪うようにタイミング早く打って来る、攻撃してくる訳です。

悠長に戻っている時間、なんて0.01秒たりとも無いですからね。

 

2.動画で自分をチェックしないと、何も始まらない

「いや、ちゃんとやってるつもりです」という気持ち、どこかにあると思います。

でも、そういう人は大抵怪しい。

自分の動画、を見てみないと気付かないですから。

「出来ているつもり」は、大抵出来ていない。

打った後に、自分のボールを不安そうに眺めて、入ったと分かってから構え直し始める。

こういう癖、ゆったり構えなおす癖、試合では一番の不安要素になります。

 

3.癖を変えれば全ては変わる

こういう構え直しが遅い、ゆったりした人は、癖を変える意識でいきましょう。

とにかく、ボールを打ったらポジションを戻す、構え直す。

それが、結果的にアナタ自身が打ったボールが入らなくても、です。

ラリーが途切れても良い、途切れるかどうか、を不安そうに見るのを止めるのが大事。

入ると信じて、しっかり次へ備える。

打つと合わせて、このポジションを戻す構え直し、を一つの動作にしていくこと、がテニスの基本です。

 

4.構え直す癖が付けば、ショットまで変わってくる

これは、私自身がそうでした。

次への備え、を考えると、ショットがシンプルになるんですよね。

特に、ネットプレーで効果は大。

知らないうちに振っていた自分、に気付いて直すようになる。

ショットを変える、というよりは構え直しを早くすること、だけを意識した結果すごく安定感が増しました。

今でも、私のネットプレーのベースはこの「早い構え直し」にあります。

そのために、ショットをシンプルにする。

だから安定するし、ミスが減る。

ゆったり次へ、という意識は、全てを曖昧にしてモヤっと崩していく、悪の根源です。

 

やっぱり、試合に強い人って構えが速い。

これにプレッシャーを感じて、力んでしまうんですよね。

アナタ自身、まずは自分の現状を知るところから、でしょう。

ネットプレーのラリー、動画に撮ってみて下さいよ。

「あれ?なんでこんなに余裕ぶっこいてるんだ?」となるはずですから。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

    ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。実際に力強く打って…

  2. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング

    試合前でも、普段の練習でも、簡単に出来るフットワークメニュー。…

  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

  5. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう

    例えば、ショートクロスのようなショットで相手をコートの外に追い出すとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう…
  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワーク…
  4. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える
PAGE TOP