テニス リターン

フットワーク

打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと

知らないうちに、追い込まれている。

知らないうちに、負けている。

テニスの試合って、こういうのがほとんどです。

この「知らないうちに」というのが、アナタ自身の大きな問題。

そう、気付いていないだけ、というのは実に罪なこと、大問題なんです。

 

打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと

 


 

1.問題は、ボールを打っていない時に起きている

要は、構え直しです。

テニスは、打った後に次への備え、すぐに始まっている。

ボールがガットから離れた瞬間に、もう次、なんです。

試合に出ている人は、この部分に自分で厳しくならないと絶対に成長しない。

練習は、狭い範囲で相手も打ちやすい場所に打ってくれるじゃないですか。

でも、試合は違う。

自分のいないところに、それも時間を奪うようにタイミング早く打って来る、攻撃してくる訳です。

悠長に戻っている時間、なんて0.01秒たりとも無いですからね。

 

2.動画で自分をチェックしないと、何も始まらない

「いや、ちゃんとやってるつもりです」という気持ち、どこかにあると思います。

でも、そういう人は大抵怪しい。

自分の動画、を見てみないと気付かないですから。

「出来ているつもり」は、大抵出来ていない。

打った後に、自分のボールを不安そうに眺めて、入ったと分かってから構え直し始める。

こういう癖、ゆったり構えなおす癖、試合では一番の不安要素になります。

 

3.癖を変えれば全ては変わる

こういう構え直しが遅い、ゆったりした人は、癖を変える意識でいきましょう。

とにかく、ボールを打ったらポジションを戻す、構え直す。

それが、結果的にアナタ自身が打ったボールが入らなくても、です。

ラリーが途切れても良い、途切れるかどうか、を不安そうに見るのを止めるのが大事。

入ると信じて、しっかり次へ備える。

打つと合わせて、このポジションを戻す構え直し、を一つの動作にしていくこと、がテニスの基本です。

 

4.構え直す癖が付けば、ショットまで変わってくる

これは、私自身がそうでした。

次への備え、を考えると、ショットがシンプルになるんですよね。

特に、ネットプレーで効果は大。

知らないうちに振っていた自分、に気付いて直すようになる。

ショットを変える、というよりは構え直しを早くすること、だけを意識した結果すごく安定感が増しました。

今でも、私のネットプレーのベースはこの「早い構え直し」にあります。

そのために、ショットをシンプルにする。

だから安定するし、ミスが減る。

ゆったり次へ、という意識は、全てを曖昧にしてモヤっと崩していく、悪の根源です。

 

やっぱり、試合に強い人って構えが速い。

これにプレッシャーを感じて、力んでしまうんですよね。

アナタ自身、まずは自分の現状を知るところから、でしょう。

ネットプレーのラリー、動画に撮ってみて下さいよ。

「あれ?なんでこんなに余裕ぶっこいてるんだ?」となるはずですから。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも…

  2. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線

    ストロークの生命線、スタンス。足がしっかり決まっていると、振り…

  3. フットワーク

    他人の真似が出来る人は、100人に1人

    「上手くなりたいなら、盗むこと」これが大事です、テニスでも。…

  4. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!

    ストロークもボレーもスマッシュも・・・・。相手が打った瞬間に反…

  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう

    今回は、とっておきのテニスの裏ワザ、お伝えします。経験則、から…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス クレーコート

    ストローク

    攻撃的なストロークには、相手が打った瞬間の判断力が欠かせない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
  3. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認して…
  4. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  5. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
PAGE TOP