テニス 構え

ストローク

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思います。

でもなかなか、テニスって動作が複雑だし難しい。

ラリーが繋がらないと、初心者の方はちょっと申し訳ない・・・と思って、テニスから離れてしまいがちですよね。

テニスの楽しさを感じられる為には、ラリーをしっかり継続できることが一番。

その為には、準備と構え直しの意識をしっかり伝えていきましょう。

 

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

 


 

■無意識でラリーしていれば、気が付けばフォアハンドばかりに・・・

初心者の方は、打った態勢が残りやすい。

例えば右利きの方であれば、フォアハンドを打った後はそのまま右を向いた形で次のボールも待ってしまう。

これはしっかり、間違いだということを教えてあげましょう。

テニスにおいて予測することは大事ですが、自分にとって都合の良い予測は成長の妨げになってしまいます。

 

■正面向きのスプリットステップを覚えれば、とても楽!

ただ構え直し、と言ってもなかなか伝わり辛い。

まずは正面向きに足を戻して、相手が打つ瞬間のステップを覚えてもらえるよう、声掛けしていきましょう。

ラリー練習では実際に後ろに立って、「構えて!」「ステップ!」という声をかけてあげると良いと思います。

自分でも頭の中で声を出して、自然に身体が動くようになるまで練習を一緒にしてあげましょう。

 

■構え直しが出来れば、ボレーも絶対上達が早い

ストロークだけでなく、ボレーも構え直しで劇的に上達します。

コツとしては、「自分が打ったボールを、不安そうに見ない」という点。

初心者の方は自分が打つボールに自信が無いので、つい打った後もジーッと見てしまう時間が出来る。

これを無くすだけで、だいぶ構え直しが早くなり、テニス選手らしい動きになるはずです。

 

意外と上級者の方、テニスを長く続けている方でも、構えるのが遅い人が多い。

ナイスショットに自分が満足してしまうんですよね。

これでは試合で通用しないのは、目に見えている。

初心者のうちから強く意識付けされたことは、上級者になっても大切な自分のベースになるはず。

アナタのチームでも、みんなで構え直しを意識してラリーのレベルを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「ロブが抜けたら迷わず前」に出て、ネットを取ろう!

    テニスの試合、相手がネットに出てきていて自分のロブが抜けたら前に出る。…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    「逃げるロブからレベルアップ!」テニスであなたのロブを進化させる4つの考え方

    ダブルスだけでなくシングルスでも、試合で意外と使う機会が多いのがロブシ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

    学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

  6. テニス 準備

    ストローク

    「超ディフェンシブ粘りストローク」は、メンタルだけでは無理!

    シングルスの試合の中で「粘り」の要素は、大きな武器になる。「な…

特集記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    グリップが汚いテニス選手、テニスコーチは、「周りから見られている」という意識が足…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック
  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    グランドスマッシュは、バウンドとテイクバックを合わせれば楽に打てる
  5. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?
PAGE TOP