テニス ストローク

ストローク

ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス、もらう機会多いかも知れません。

確かに、身体が速く正面を向いてしまうと、打点がぶれるし打てるコースも限られる。

でも、私の感覚では「少しだけ」開くのは、現代テニスに必要なことだと思っています。

だって、フォアハンドの逆クロスに打つときなんか・・・少し、開きますよね。

 

ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

 

1.片手フォアハンド、は少し開いて良い!

両手バックハンド、片手バックハンド、は開くと難しい。

でも、片手フォアハンドなら、私は少しだけ打つ前に身体が開いても良い、と思っています。

例えば、右利きの方なら、なるべく左肩が前、で開かないようにテイクバック、フォロースルーを意識しますよね。

でも、実際に打点に向かってラケットを動かすときに、少しだけ早く左肩をグッと開いて身体を正面向きに向けていく。

この動きに引っ張られて、ラケットが動いていく。

私は、これくらいの感覚で良いと思うんですよね。

特にフォアハンドの逆クロス、に打つときには、これくらいダイナミックにか身体を使って良いはずです。

 

2.ラケットが遅れて出てくる、感じがパワーを生む

身体が少し開いてるんだけど、ラケットはまだ出てこない。

この一瞬の間、がパワーを生みます。

イメージとしては、身体が少し開いた瞬間に、テイクバックしたラケットがラケットダウン。

その一瞬の間、を意識して作れば、アナタのフォアハンドはもっとパワーアップするはずです。

この錦織選手の動画を見ても、少しだけ身体が開いてラケットダウン、のポイントがあるのが分かると思います。

本当に、一瞬ですけどね。

この一瞬のひねり、戻し、がパワーを生んでいくんです。

 

3.フォアハンドのパワーアップ、身体の使い方を変えてみよう

これは、ジュニアや学生の選手に限ったことではありません。

大人やベテラン、シニアのみなさんにこそ、必要な身体の使い方。

慎重な打ち方は出来るけど、ちょっと窮屈になり過ぎているような人が多いように思います。

少しだけ、基本を逸脱して身体を開いてみる。

準備さえ早く出来れば、私はこの打ち方をオススメします。

ラケットが遅れて出てくるような感覚、で打てれば、きっと試合で頼りになる武器になると思いますよ。

 

4.左手の肘は、曲げて身体の近くに!

ここで、もう一つのポイントを。

右利きのフォアハンドストロークのとき、左手の肘の使い方。

実は、疎かになってはいませんか?

リラックスして、軽く曲げていることが大事なポイントになります。

曲げて、身体の近くにセット。

脇をしっかり締めておくと、リターンでも安定します。

実際に「少し身体を開く」という動きは、この左肘を身体に引き寄せる動き、とも言えます。

意識すると、結構変わりますよ。

 

基本を少しだけ、自分の解釈で変えてみる。

ここに、大きなヒントがあるように思います。

言われてみれば、みんなやっていること、勝っている人がやっていること。

それは、少しだけ基本から離れたこと、だと私は思います。

やってみて分かること、はたくさんあるでしょう。

フォアハンドストローク、まだまだパワーアップさせていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

  2. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  3. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 主将
  6. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスでサーブ&ボレーが得意なら、「たまにステイして雁行陣にする」と、…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
PAGE TOP