テニス メンタル

戦術

自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

学生の皆さんはもうすぐ新学期。

新しい環境でテニスを頑張る人、学年が上がる人、色々だと思います。

改めて、学生のテニス期間は短い。

全てをまんべんなく、完璧なオールラウンドなテニスを身に付けることは難しいでしょう。

何を軸に自分はテニスを強化していくのか、考える時間を取ってみませんか?

 

自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

 


 

1.選択と集中、があれば練習も主体的になる

最近のテニス界、またネットプレーが見直されてきている。

ストローク一辺倒だったテニス界ですが、フェデラー選手の復活にマレー選手やジョコビッチ選手を攻略されている感じを観ると、まだまだテニス界は動き続けています。

そこで、アナタも自分のテニスについて考えて欲しい。

もちろん、短所を少なくするオールランドなテニスはベースにありつつも、「どんな軸」で勝負していくのか。

今回は、考える一つのアイデアを、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

2.「相手に密着していく」「自分の技術を磨く」を、どこに集中させるか

まずは、テニスは相手ありきのスポーツ。

相手を観察し、相手を崩しやすいテニスをどうやって進めていくのかを考える軸、が大事です。

大きく分けると、「相手を動かすのか」「自分が動くのか」、だと思います。

ネットプレーに、自分が出るのか相手を積極的に前に出させるのか、という感じですね。

相手の弱点を見つけたときに、ポジションを自分か相手が変える、ことでテニスは勝てる試合が絶対に増えます。

次に、「自分の技術を磨く」軸について。

徹底的にサーブを磨いて、どんな相手でも打ち破るような本格派、のテニスなのか。

それとも、複数の球種を複数のコースに打ち分ける技巧派、なのか。

大きく、大きく分けるとこういう軸、が見えてくると思います。

 

3.どんなプレイヤーでも一貫性があれば、テニスは強くなる

皆さんの選択、集中次第です。

大事なのは、しっかり一貫性を持って練習していくということ。

「技術的には技巧派を目指しているのに、速いサーブばかり求めてしまう」ような練習は、どこかでおかしくなっていく。

一貫性があるのか、自分が目指しているテニスはどうなのか?を、常に問いかけてみる。

軌道修正、もちろんあって良いと思います。

ですがその前に、まずは自分で軸を決めて、しっかり練習して一貫性を持ってテニスを鍛えていくこと、やり切ることが大事です。

 

自分のテニスについて、考えている人、考えていない人。

この差は、学生生活の後半に大きな差になっていくでしょう。

きっと、「何となく、全部出来るようになりたいな・・・」と思うのが、自然。

ですが学生時代は、短い。

軸を決めて練習してみる、ことは自分のテニスに責任を持つということ。

きっとやり切ることが出来れば、また次へのステップにつながるでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  2. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

    試合で一生懸命使っていても、効果が無いこと。これ、一番多いのは…

  4. テニス マナー

    戦術

    テニスの試合でも、調子が悪ければ早めに「選手交代」してしまおう

    チーム競技じゃなきゃ、選手交代は出来ない?それって、思い込み。…

  5. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  6. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の…
  2. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!
  3. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来…
  5. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
PAGE TOP