テニス 目

戦術

テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

試合が強い選手は、まず目が鋭い。

すごく何かを狙っている雰囲気、ありませんか?

これは、技術の在り無し、は関係無いと思います。

試合の中で何かを狙う、仕掛けるという意識、は誰にでも持てるもの、です。

 

テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

 

1.相手の「自信を折る」ことは、何出来るだろう?

私は、これをイメージしながら、狙うようにしています。

ただ、ポイントを獲るだけじゃない。

どこかで、相手の「自信を砕く」ような仕掛けをしていかないと、テニスの試合は実力差を埋められない。

サーブがすごく強力なら、思い切って予測したり、リターンダッシュしたり。

そうすることで、相手から自信を奪って打てなくさせる。

試合を止めたい、くらいに思わせるつもりでやっています。

狙わないと、こういうきっかけは作れないですからね。

 

2.狙いが上手くなるにも、全ては狙うことから始まる

最初から、そんなに上手くはいきません。

でも、試合の中で何かを狙っていくのって、まず狙い始めないと話にならない。

狙っては逃し、失敗しながら自分で嗅覚を鍛えていくしかないんです。

獲物を狩るような気持ち、アナタにはありますか?

試合の中で、飢えているような気持ち。

本当に試合に勝ちたいなら、それくらいの飢餓感があって良いと思います。

 

3.やらないとやられる、のが競争の世界

だって、やらないと逆に仕掛けられる。

狙いを絞って行動出来ない人は、いつまで経っても後手に回って狩られる立場。

試合前から、自分がどういう狙いで試合に入るのか。

これは、実力に関係なく考えておきましょう。

男性ならサーブ、女性ならストロークを、どこかで攻略して自信を折らないと試合では厳しい。

それくらいの覚悟が欲しいですね。

 

狙うって、楽しいですよ。

自分の目を養っていけば、逆に生存力も身に付く。

相手からの狙い、にも気付くようになるでしょう。

そうなると、テニスの試合は本当に強くなれる。

まぁ、大変ですけどね。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

    テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。戦…

  2. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

    テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。…

  3. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  4. 戦術

    コートのどこからでも、ボールをコントロール出来る?

    テニスはボールを相手コートに打つ、コントロールする競技。その…

  5. テニス メンタル

    戦術

    全ての戦術は、本気で実行するから成功する

    テニスの試合、色々な作戦、戦術があります。でも、たくさん用意し…

  6. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  2. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
  3. ストローク

    高い打点のストロークをパワーアップしたければ、「しっかり肘を高い位置にテイクバッ…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「相手の速いストロークに対抗する守備力」を養うには、空間を大きく使う意識が大事で…
PAGE TOP