テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!」と思っている方が多くいるでしょう。

私もそうでした。

やっぱり個人競技の醍醐味は、自分一人で結果を勝ち取って認めてもらうこと、だと思います。

そこでどうやって勝っていくか・・・を考えると、まずはフォアハンドのストロークで攻撃していくスタイルが、皆さんの中でも主流だと思います。

ですがそこに偏っていくと・・・試合に勝ち進むのは難しい。

厳しい話ですが、現実的にフォアハンドで攻撃していくスタイル、は難しいんです。

 

テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

 


 

■強豪校やシード選手は、バッチリと対策をしてきている

今やフォアハンドで回り込んでストロークで主導権を握る、というスタイルは主流。

なので当然、その守備対策もしっかり各校、各選手行っている。

つまりアナタがいくらフォアハンドで攻撃していっても、それは相手からすれば「いつも通り」か、「もっと強い同じスタイルの選手と練習している」という可能性が高い。

だから、打ち崩すのは相当難しい。

フォアハンドで打ち抜くスタイル、なら本当に特別な強さがあるフォアハンド、に仕上げていかないと通用しないのが現実です。

 

■錦織選手のフォアハンドは、バリエーションがあるから強い

テレビで観る錦織選手の試合、もフォアハンドからの展開が主流。

あのスタイルで彼は世界と渡り合っている、のには理由があります。

まずはドロップショットが上手い、同じ構えから打てるから相手は下がるに下がれない。

そしてダウンザラインを強烈なスピンで打てる。

ここも追いつかないといけないので、あまりフォア側を空けておくことが出来ない。

つまりは「コートを広く使えるフォアハンドの攻撃」が実践出来ているのが、錦織選手の強み。

アナタ自身、精度はともかくまずはフォアハンドでバリエーションを増やすことが大事。

スピードばかり意識しても、シングルスで強い相手に打ち勝つのは難しいでしょう。

 

■それでも「フォアハンド中心」のスタイルでいきたいなら、覚悟を決めよう!

「でもやっぱり、フォアハンドで勝っていきたい!」と思うなら、それ相応の覚悟を決めましょう。

バリエーションを増やすこと、それから相手のバックハンドを攻撃出来る逆クロス方向へのショットの精度を高めることです。

間違っても、自分が1、2球良いボールを打ったくらいで満足しない。

フォアハンドに酔っている人、大抵フォアハンドが上手いと思っているのは自分だけ。

相手は何も脅威に感じていない、ことがほとんどです。

しっかりフォアハンドを組み立ての中心に出来るよう、常に自分で客観視して試合に挑む姿勢を持ち続けることが大事です。

 

日本人選手、錦織選手と土居選手はやっぱりフォアハンドが良い。

他の選手も、もちろん良いフォアハンドは持っていますが、やはり世界で勝つには難しいのが現実。

今回、皆さんに覚えておいて欲しいのは、「フォアハンドの速いボール」にだけ固執すること、は止めましょうということ。

フォアハンド中心のスタイルもOK、でもオールラウンドなプレーがあるとよりそのプレーも活きる。

自分のフォアハンドストローク、この機会に見直してみませんか?

しっかり自分と話し合い、向き合いながら試合での戦い方を考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブル…

  3. テニス 気付き
  4. テニス ダブルス
  5. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合でプレーに粘りが無い人は、「アゴが上がって上体が開いている」人がほとんど

    ストロークもボレーも、とにかくミスが速くてラリーにならない・・・。…

特集記事

  1. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
  2. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない
  3. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態…
  4. その他

    最近考えていることを、お伝えします
  5. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
PAGE TOP