テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!」と思っている方が多くいるでしょう。

私もそうでした。

やっぱり個人競技の醍醐味は、自分一人で結果を勝ち取って認めてもらうこと、だと思います。

そこでどうやって勝っていくか・・・を考えると、まずはフォアハンドのストロークで攻撃していくスタイルが、皆さんの中でも主流だと思います。

ですがそこに偏っていくと・・・試合に勝ち進むのは難しい。

厳しい話ですが、現実的にフォアハンドで攻撃していくスタイル、は難しいんです。

 

テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

 


 

■強豪校やシード選手は、バッチリと対策をしてきている

今やフォアハンドで回り込んでストロークで主導権を握る、というスタイルは主流。

なので当然、その守備対策もしっかり各校、各選手行っている。

つまりアナタがいくらフォアハンドで攻撃していっても、それは相手からすれば「いつも通り」か、「もっと強い同じスタイルの選手と練習している」という可能性が高い。

だから、打ち崩すのは相当難しい。

フォアハンドで打ち抜くスタイル、なら本当に特別な強さがあるフォアハンド、に仕上げていかないと通用しないのが現実です。

 

■錦織選手のフォアハンドは、バリエーションがあるから強い

テレビで観る錦織選手の試合、もフォアハンドからの展開が主流。

あのスタイルで彼は世界と渡り合っている、のには理由があります。

まずはドロップショットが上手い、同じ構えから打てるから相手は下がるに下がれない。

そしてダウンザラインを強烈なスピンで打てる。

ここも追いつかないといけないので、あまりフォア側を空けておくことが出来ない。

つまりは「コートを広く使えるフォアハンドの攻撃」が実践出来ているのが、錦織選手の強み。

アナタ自身、精度はともかくまずはフォアハンドでバリエーションを増やすことが大事。

スピードばかり意識しても、シングルスで強い相手に打ち勝つのは難しいでしょう。

 

■それでも「フォアハンド中心」のスタイルでいきたいなら、覚悟を決めよう!

「でもやっぱり、フォアハンドで勝っていきたい!」と思うなら、それ相応の覚悟を決めましょう。

バリエーションを増やすこと、それから相手のバックハンドを攻撃出来る逆クロス方向へのショットの精度を高めることです。

間違っても、自分が1、2球良いボールを打ったくらいで満足しない。

フォアハンドに酔っている人、大抵フォアハンドが上手いと思っているのは自分だけ。

相手は何も脅威に感じていない、ことがほとんどです。

しっかりフォアハンドを組み立ての中心に出来るよう、常に自分で客観視して試合に挑む姿勢を持ち続けることが大事です。

 

日本人選手、錦織選手と土居選手はやっぱりフォアハンドが良い。

他の選手も、もちろん良いフォアハンドは持っていますが、やはり世界で勝つには難しいのが現実。

今回、皆さんに覚えておいて欲しいのは、「フォアハンドの速いボール」にだけ固執すること、は止めましょうということ。

フォアハンド中心のスタイルもOK、でもオールラウンドなプレーがあるとよりそのプレーも活きる。

自分のフォアハンドストローク、この機会に見直してみませんか?

しっかり自分と話し合い、向き合いながら試合での戦い方を考えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. ストローク

    打ちたい方向へ振る、のはちょっと違う

    ストロークのコントロールの基本。みなさんは、普段どんなポイン…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本

    ストロークラリーの中で、相手のボールが深い。こういう時に、どう…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフォロースルーで!

    シングルスでもダブルスでも、最近のテニス界では「ショートクロス」が再度…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
  2. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います…
  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    ギブアップしない相手を、負かすことは誰にも出来ない
PAGE TOP