テニス 走力

フットワーク

相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備力」が求められること。

テニスでも同じように、どこに来ても速い反応が出来るように、低い態勢での守備が求められますよね。

ですが試合の中でこういった態勢を瞬時に作って、相手の攻撃に備えるのには練習が必要。

まずは基本となる、スタンスからしっかり意識していきましょう。

1球多く相手コートに返球するだけで、テニスの試合では勝ちが拾える可能性がグッと拡がります。

 

相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

 


 

■低い態勢とは、こういうこと

スタンス、足幅を広く・・・と言うと、皆さんどんなイメージでしょうか?

意外と股関節って、可動域が狭いのであまり拡がらない。

肩幅くらい開けば、かなり開いた方だと思います。

ですがテニスに求められる守備の態勢は、それよりもっと、両足を開く必要があります。

しっかり膝を曲げて、少しだけ重心を後ろにもっていくと守備力が高まる。

相手が打つ瞬間、少し前のタイミングでスプリットステップからこの態勢を作りましょう。

 

■肘と膝をしっかり曲げて、捕球体制を作ること!

テニスにおいて守備力が高い、といことはキャッチ力が高いということ。

柔軟に動けるようにしっかり肘と膝を曲げて、速いボールも吸収するくらいの意識で待ちましょう。

正面に来たボールは、まずバックハンドで反応すること。

ダブルスであれば、攻撃されそうなときには足元をしっかり拾える、返球できるようにケアしておく。

高いボールはウォッチしてアウトボールを触らないように。

広いスタンスで待てれば、こういった選球眼も自然と磨かれます。

 

■しっかりした守備の態勢を見せれば、相手は「自滅」してくれるかも

低い態勢でスタンスを広くしている相手には、テニスは攻撃し辛い。

「拾われそうだな・・・」と思えば力が入るし、より厳しいコースを狙ってミスしてくれるかも知れません。

それはアナタ自身が引き出したミス、と言えるでしょう。

良い守備の態勢は、相手の攻撃にも影響を及ぼす。

補給できればそれに越したことは無いですが、相手のミスを誘うくらい強烈な低い態勢、作って見せ付けてみましょう!

 

意識さえ高めれば、結構テニスはすぐに守備力を上げられます。

大事なのは、諦めない、まずは準備をしっかりすることです。

相手のチャンスボールになると、すぐに背を向けて諦める人、いますよね。

気合いだけでもだめですが、まずは気持ち、それから具体的な準備。

これで守備力を高めて、試合の中でキャッチ名人になってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    ネットにスムーズに出るには、〇〇を意識すれば完璧

    前に出たいけど、なかなかフットワークが上手くいかない。どうして…

  4. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ

    左右に走らされた時に、どう対応するのか。これこそ、試合に出る…

  5. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ
  4. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  5. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
PAGE TOP