テニス ストローク

フットワーク

「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片足スプリットステップ」。

スプリットステップの基本もできていないかも知れないのに、自分にはちょっと・・・と、考えているアナタ。

まずは実際にやってみて、それから考えてみませんか?

 

「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

 


 

1.「試合の中で予測を立てる」癖を身に付けることができる

片足スプリットシテップは、どちらかの軸足を残して重心を落とします。

その足を蹴って反応を早くすることが目的ですので、実際に試してみると少なからず「予測」が重要になります。

これは、試合の中で「実際に使ってみる」ことで危機感を覚えることが大切。

テニスは漠然と練習していると、この「予測」の必要性はなかなか感じることができません。

思い切ってこの機会に、予測できるプレイヤーになるきっかけを掴みましょう。

 

2.反対の足を「大きく踏み込む」ことができ、守備範囲が拡がる

反対の足を大きく踏み出すことができるメリットを活かせるのは、片足スプリットステップの大きな魅力です。

重心を落として片足に体重が乗っている状態は、力を溜めている状態。

そこから解放する力は、大きく足を伸ばすことで今までにはないフットワークを使うことができます。

これはポーチなどのネットプレーで、大きく力を発揮することができるでしょう。

 

3.横だけでなく「前後の動き」にも強い!ロブに対応しやすい

スプリットステップは横の動きをメインにしていると思われがちですが、ロブを警戒した際には足を前後にしたスプリットステップを行うケースもあります。

アナタが前衛にいたときにロブを上げられた際には、クロスステップで大きく下がる必要がありますので、この片足スプリットステップができると便利です。

守備的な場面では、少なからず予測を立てて守らなければなりません。

自然とこのフットワークが使えるように、しっかり練習しましょう。

 

4.逆を突かれたらシンプルに考えておけばOK

片足スプリットステップの弱点は、最初に地についている脚の側にボールが来た際に、反応がし辛くリーチが短くなってしまうこと。

これはある種、仕方の無いことかも知れません。

大切なのは、この逆を突かれた際にも慌てないこと。

ベースラインのストロークであれば反応して守備的でも良いので、まずはしっかり落ち着いて返球。

ネットプレーであればシンプルにラケットを出して、面の真ん中に当てて返球することを心がけましょう。

 

5.ネットに詰める攻撃に最適、パッシングショットへの反応が良くなる!

最後にこの片足スプリットステップの長所を挙げるとすれば、それは前への突進力。

両足のスプリットステップだと、どうしても一度「止まる」という感覚になりがちですよね。

片足であれば、とにかく予測しながら動き続けて前に進行できる力を保てます。

普段はあまりネットに出ない・・・という人も、この片足のステップを覚えると少しリズムができると思います。

ぜひ、試してみて下さい。

 

普段、何げなく行っているスプリットステップですが、実に奥が深い技術です。

守備的なスプリットステップも、もちろんあります。

タイミングはもちろん、踵からコートに触れるのか、つま先から触れるのか・・・で、また違ってきます。

これは自分自身で、色々試してみると可能性が拡がります!

ラケットワークだけでなく、ぜひフットワークも研究して試合で活かせるように、頑張っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. フットワーク

    良いショット、の後に良い〇〇

    良いショットを打つ、自分でもナイスショットだと思う。でも、そ…

  2. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  3. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  4. フットワーク

    センターからセンター、だけじゃ勝てない

    ダブルスの試合は、センターセオリー。真ん中を攻め、その返球は…

  5. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

    強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。…

  6. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない
  4. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
  5. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ
PAGE TOP