テニス ストローク

フットワーク

「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディフェンス力も上げないといけない。

そのディフェンス力って具体的にはどういう事なんだろう。

まず、ディフェンスと聞いて思い付くのは、安定したショット。

 

「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

 


 

スライスやロブなどは、ミスしなさそうだし尚かつそれで深いショットが打てればディフェンス力があると言える。

それから足が速いってのも、広い範囲をコートカバーリング出来るから、ディフェンス力があるよね。

ショットと足の速さ、この二つがディフェンス力を強化させるためには重要なんだけど、実はもう一つあるんだよ。

それは、構え直し

これが結構見落とされがちなのだ。

構え直しとは、単純に構え直せばイイんだよ。

でもこれを早く構え直さないといけないんだけど、これが意外と難しい。

ボールを取りに行くのは、体がボールを見て勝手に反応してくれるから良いんだけど、構え直しは打ち終わったあと、自分自身で「構え直さなきゃ!」って命令しないといけないので、この命令を忘れると、いつまでも打ち終わった場所でボーッと打ち終わりの姿のまま自分が打ったボールを見ていることになる。

それからもう一つ大事なことは、構え直しを早くするための打ち方にしていかないといけないってこと

まずショットを打つことに労力かけすぎている人は、フォロースルーが大き過ぎて、ボールを打ち終わった後に構え直しが遅れてしまうのだ。

打ち終わりにバランス崩す人もダメ。

サーブ打った後に頭が倒れてお辞儀してしまう人、ボレーで腰が引けて頭が突っ込む人、ストロークで体が回り過ぎてしまう人なんかは、その後相手に打ち込まれても、自分の体を立て直すのに精一杯でディフェンスできないでしょ?

ストロークもボレーも、それからサーブも、打つ労力を抑えてコンパクトにし、バランスも崩さないようにしないと構え直しに影響が出てくるよ。
 



 

構え直しを早くするためには意識も大事だけど、打ち方も大事だから、すぐには良くならないかもしれない

でも構え直しの重要性だけは常に頭の片隅に入れておこう。

それと、構え直しがまだ遅いって人は、当然自分が崩れた時には、ゆっくりのショットで返球時間を稼ぎ、立て直しがちゃんと出来るようにすること。

構え直しが早くなるってだけで、かなりのディフェンス力アップが期待される。

地味なことだけど、常に心がけて練習しよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  3. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう

    テニスの試合で、安定感を生むう要素。何と言っても、守備力の高…

  4. テニス ミス
  5. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!

    今のボレー、つなぐの?決めるの?自分の中でハッキリしないプレー…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない

    フェイントの重要性、は何度も書いてきました。ですが、いくら熱心…

特集記事

  1. ダブルス

    意志は大胆な行動で、見せる
  2. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる
  4. フットワーク

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判…
  5. テニス 練習

    サーブ

    ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット
PAGE TOP