テニス ストローク

フットワーク

「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディフェンス力も上げないといけない。

そのディフェンス力って具体的にはどういう事なんだろう。

まず、ディフェンスと聞いて思い付くのは、安定したショット。

 

「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

 


 

スライスやロブなどは、ミスしなさそうだし尚かつそれで深いショットが打てればディフェンス力があると言える。

それから足が速いってのも、広い範囲をコートカバーリング出来るから、ディフェンス力があるよね。

ショットと足の速さ、この二つがディフェンス力を強化させるためには重要なんだけど、実はもう一つあるんだよ。

それは、構え直し

これが結構見落とされがちなのだ。

構え直しとは、単純に構え直せばイイんだよ。

でもこれを早く構え直さないといけないんだけど、これが意外と難しい。

ボールを取りに行くのは、体がボールを見て勝手に反応してくれるから良いんだけど、構え直しは打ち終わったあと、自分自身で「構え直さなきゃ!」って命令しないといけないので、この命令を忘れると、いつまでも打ち終わった場所でボーッと打ち終わりの姿のまま自分が打ったボールを見ていることになる。

それからもう一つ大事なことは、構え直しを早くするための打ち方にしていかないといけないってこと

まずショットを打つことに労力かけすぎている人は、フォロースルーが大き過ぎて、ボールを打ち終わった後に構え直しが遅れてしまうのだ。

打ち終わりにバランス崩す人もダメ。

サーブ打った後に頭が倒れてお辞儀してしまう人、ボレーで腰が引けて頭が突っ込む人、ストロークで体が回り過ぎてしまう人なんかは、その後相手に打ち込まれても、自分の体を立て直すのに精一杯でディフェンスできないでしょ?

ストロークもボレーも、それからサーブも、打つ労力を抑えてコンパクトにし、バランスも崩さないようにしないと構え直しに影響が出てくるよ。
 



 

構え直しを早くするためには意識も大事だけど、打ち方も大事だから、すぐには良くならないかもしれない

でも構え直しの重要性だけは常に頭の片隅に入れておこう。

それと、構え直しがまだ遅いって人は、当然自分が崩れた時には、ゆっくりのショットで返球時間を稼ぎ、立て直しがちゃんと出来るようにすること。

構え直しが早くなるってだけで、かなりのディフェンス力アップが期待される。

地味なことだけど、常に心がけて練習しよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. + POWER CUP について
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?

    「もっと前に!なんで後ろなの?」と、コーチや仲間からアドバイスを受け…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    そもそも、ボールより速く走れる選手はいない

    どんなに足が速い選手でも、ボールより速くは動けない。サッカーや…

  3. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

    強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「流れるようなネットプレー」の裏には、テニスで必要な効率的な体重移動が不可欠です

    ボレーが得意な人は、その滑らかな動きが素敵。実際に力強く打って…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を

    試合で必要な、スプリットステップ。これって、みなさん毎回どんな…

  6. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス

    試合で感じること、みなさんそれぞれだと思いますが、「ボールの曲がり具合…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬…
  4. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
  5. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を整理しよう
PAGE TOP