テニス ストローク

フットワーク

なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

テニスを続けていると、何となく続けているサイドステップ。

これ、実際に試合で使っている人、どれくらいいるでしょうか?

そもそも、どの場面で使うの?も曖昧な気がしますよね。

今回は、そのなぜ?の部分を一緒に考えてみましょう。

必要だと感じたら、しっかり続けていけるでしょう。

 

なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?

 


 

1.それは、相手を見続ける為

サイドステップ、その基本の目的は相手を見るため。

移動しながら、相手方向に顔と身体を向ける。

サイドステップを使えば、しっかり相手を見ながらポジションを戻せますよね。

当たり前のようですが、これって結構大事な問題です。

テニスは、相手からボールが打たれる競技ですから。

相手から目線を切るのは、危険。

特に、まさに打たれそうという瞬間はしっかりその「出始め」を見ないといけないですからね。

 

2.ポジションを少し戻す時、に一番使える

私が意識しているのは、ポジションを少し戻す時。

この少し、がポイントです。

ダブルスのように、少しだけ動いて打って、また戻るという場面では、サイドステップは必要。

でもこれが、シングルスの試合で大きく振られたら・・・どうでしょう。

サイドステップよりも、普通に走って戻る、方が有効だったりします。

サイドステップって、素早く長い距離を走るのには向かないですからね。

少し戻す、なら相手を見ながら身体を正面に向けて。

素早く長い距離を戻るなら、身体を走る方向に向けた方が良いでしょう。

 

3.身体、浮き過ぎてない?

サイドステップでも、目線の高さは変えたくない。

ブレてしまうと、疲れますしね。

高く弾む、ジャンプするような必要は無いでしょう。

むしろ、低くサイドステップ、くらいの感覚で良いと思いますよ。

身体が浮くようにステップしていると、なかなか難しいでしょう。

基本的に、サイドステップは守備の場面で使うステップ。

相手の攻撃に備えるのに、目線が高いと難しいですよね。

 

4.実は、色々使えるサイドステップ

守備以外にも、実は攻撃にも使える。

私は、ダブルスの前衛で、このサイドステップを使います。

相手から見ると、正面向きなので動いているように見えないんですよね。

小さくポジションを動かして、ポーチに出る。

ポーチに出ていること、が相手からは分かり辛いんですよね。

正面向きですから、私は相手がよく見える。

でも、相手は動いているように見えない。

これでポイントは、楽に取れます。

 

何となくサイドステップ、実は目的が明確じゃなかったりしますよね。

目的が出来れば、その精度は上がっていきます。

ステップの精度が上がれば、テニスは強くなりますよ。

サイドステップ一つ、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い

    テニスについて、よく知っている。試合で強い人は、この前後の動き…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  3. フットワーク

    サーブ&ボレーは、ポジショニングが8割を決める

    サーブ&ボレーを、試合の中で使っているけど・・・ポイントにつながらない…

  4. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  5. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく…

  6. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
  2. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの
  3. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
  4. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純
PAGE TOP