フットワーク

浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。

本来チャンスなはずですが、これを決め切れない、ミスしてしまう人って多いですよね。

なぜ、攻撃出来ないのか、ミスになるのか。

しっかり考えておかないと、試合では厳しいですよ。

フットワークから、見直してみましょう!

 

浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

 


 

1.浅いボール、正面向きから横向きへ!

まずはしっかり、ボールに追いつかないといけない。

浅いボールに向かって、しかり走る、この時は正面向きで良い。

横向きでは、ダッシュで近づくことが難しいですからね。

ストロークに必要な横向きは、最後に作れば良いんです。

最初は正面向きで走る、ボールに近づいたら、横向きで入る。

その時に必要なのは、決断力です。

 

2.フォアかバックか、瞬時に決めよう!

相手のボールが浅い!と気付いた瞬間に。

フォアかバックか、どっちで打つのかは明確に決めてしまいましょう。

これが遅い、決断出来ない人は、打点を落としてしまう。

ダッシュ力も遅いんですよね。

これは、脚力の問題ではなく、決断力の問題。

バシッと決めて、走る、横向きで入ること、が大事。

このスピード感が無い選手は、浅いボールを打ち込めない、攻めれない。

技術よりも、決断力と意志の強さ、が大事です。

 

3.浅いボールは、自分で引き出している感覚で

相手が打ってくる、そのボールは自分で引き出している。

ボールが浅くなるのは、アナタ自身の攻撃が効いているから。

こう考えておかないと、浅いボールに「え!?」というリアクションになる。

これでは、ずっと後手のまま。

しっかり、自分が試合をコントロールしている、ラリーの主導権を握っている感覚を持ちましょう。

そうすれば、浅いボールへの反応速度も変わる。

特に、シングルスは前衛がいませんから。

前のボールも、アナタ自身が後ろから走るしかないんですよ。

 

4.普段の練習で、2バウンドを許さない

自分で、ノットアップに厳しくなれるかどうか。

2バウンドさせない、自分のコートでは絶対にさせないという意識が、練習から必要です。

この意識が甘い人って、ストロークラリーでも平気で2バウンド、させるんですよね。

これでは、試合で必要なフットワークなんて身に付かないですよ。

正面向きでダッシュ、その後横向きで入る、という経験自体が積めないですから。

それで勝とうと思う方が、甘い。

テニスは、2バウンドの奪い合いですからね。

 

フットワークを変えれば、チャンスボールは増える、拡がる。

逆に怪しい感じだと、ずっと攻めても勝てない、決め切れない。

この雰囲気を作っていくのは、アナタ自身でしょう。

まずは正面向きで、決断してダッシュ!

その迫力を意識して、練習していって下さい。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ

    試合の中で、つい緊張してしまうと忘れてしまうもの。その一つが、…

  3. テニス サーブ

    フットワーク

    明日から出来る試合での改善策は、リズムとテンポを良くしていくこと

    今ある技術で、試合を上手くこなしていく。その中で意識したいのは…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    「踏み込む着地は踵から」を意識するとテニスは劇的に上達する!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  6. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です
  4. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる
  5. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本
PAGE TOP