フットワーク

なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

目次

前に足を踏み込まない、オープンスタンス。

これを武器に、粘るスタイルのテニスがなぜ強いのか。

今回は、このポイントに改めて迫ってみましょう。

普段使っている方も、使えていない方も、知れば見えて来るものがたくさんあるはず。

一緒に、考えていきましょう!

 

なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?

 


 

1.オープンスタンスの魅力とは?

身体が正面向きのまま、打つことが出来るショット。

オープンスタンスの魅力は、これに尽きると思います。

相手の方を向いたまま、上半身の反応だけで打つことが出来る。

現代テニスのラケットから、これが可能なんですよね。

フォアハンドなら、守備だけでなく充分攻撃にも使えます。

深いボールに反応して返すことも出来るし、とにかく相手の攻撃を受け止めることが出来る。

それからもう一つ、守備的なテニスに使える秘密を押さえておきましょう。

 

2.コートリカバリーが、やりやすい!

みなさんも使っていて感じること、じゃないでしょうか。

走ってオープンスタンスで打つと、その後に戻りやすい。

踏み込んでクローズドスタンスで打つと、身体はコートの外側を向いていますから、戻る方向は背中になります。

オープンスタンスなら、正面向きですから身体が95度、戻る方向を早く向いている。

戻るのが早い、オープンスタンスはコートカバーリングに向いているスタンスと言えるでしょう。

上手く使い分けるには、自分に今「時間があるのかどうか?」という視点が大事になります。

 

3.時間がある、攻撃出来るならクローズドスタンスで

何でもかんでも、オープンスタンスを使うのは正しいとは言えません。

自分に時間がある、攻撃出来るなら、クローズドスタンスの方が良い。

時間が無い、追い込まれているならオープンスタンスを使いましょう。

ここで正しい選択が出来る選手が、試合でも強い。

今自分に、時間があるのかどうか。

この意識を養えれば、自然とスタンスの使い分けも出来るようになるでしょう。

オープンスタンスの特徴を理解出来れば、「使わない時」も分かって来るはずです。

 



 

4.オープンスタンスでライジングショット、が試合の最先端

今、テニスの試合での最先端技術の一つ。

それは、オープンスタンスでライジングショットで守備、でしょう。

錦織選手、大坂選手も得意にしている、下がらないで守備していく、それも攻撃的な球筋で。

オープンスタンスで、低い態勢からライジングショットを打って相手の深いボールを返す。

どうでしょう。

これが出来れば、試合ですごく使えます。

ただし、本当に難しい技術です。

しっかり練習して、オープンスタンスでのショットに加えていきましょう。

守備に使えるオープンスタンスは、実はライジングショットとも相性が良い。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

深いボールを、下がらないでライジングショットで打つ。

それも、オープンスタンスで、という練習をしてみましょう。

まずは、ショートラリーから。

その中で、オープンスタンスでライジングショット、を使ってみて下さい。

フォアハンドで慣れて来たら、必ずバックハンドも使う。

少し低い態勢を作って、前に推し出すようなライジングショット、オープンスタンスで打てると試合は激変します。

 

相手の深いショットを、タイミング早く返す。

ただの粘り、じゃないですよね。

守備的なテニスに適したオープンスタンスですが、実は良い攻撃にもなる、結果的に。

深いボールの処理、ライジングでぜひ磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 5/16(木) 高西コーチ ミックスダブルス レッスン&ゲーム会 in…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしな…

  2. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?

    いくら打ち方がちゃんとした綺麗なフォームでも、ボールを見ることが出来て…

  3. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

    テニスの試合、前方向へのダッシュ機会、多いですよね。ネットに詰…

  4. フットワーク

    前衛の縦の動きは、相手にバレにくい

    相手に気付かれないように、前衛で動いてポーチに出る。まずはみ…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ

    試合で大事なのに、つい練習で見落としがちなモノ。それは、フット…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろ…
  2. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが…
  5. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
PAGE TOP