テニス ストローク

ストローク

「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機会は多いはず。

現代テニスではラケットやガットが進化したので、とっさにラケットを準備して合わせる感じでも何となくストロークは打てる。

でも、それでは試合に勝てる守備的なストローク、にはならないでしょう。

守備的なんだけどしっかり安定している、そんなオープンスタンスにはある基本が大事です。

 

「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

 


 

■守備的なストロークとは、ただ返球するだけでは無い

よく勘違いされますが、守備的なストロークはただ相手のボールを返球すればOK、というものではない。

それが有効な守備になる、相手のミスにつながるのは3回戦レベルまで。

守備的なストロークで試合に勝つには、そこから「ニュートラル=中間」な状態に戻していくことが出来ないと意味が無い。

守りつつ、相手の攻撃力を押し戻していく。

つまりはしっかりコントロールされていること、そして深いボールを浅くならないように返球する技術が求められるのです。

 

■軸足がしっかりしているストロークは、土台があるから強い

オープンスタンスの軸足、皆さんは意識出来ていますか?

相手の深いボールに対して足を一歩、後ろに出したなら、その後ろ足が軸足になります。

体重をグッと乗せて、壁を作って待ち構えるイメージが大事です。

相手から攻撃されているときにも、打点はしっかり自分の身体の前に確保したい。

その為に、軸足に体重を乗せて土台を作るのから、まずは意識しましょう!

 

■しっかり膝を曲げれば、目線も下がって守備力が高まる

軸足になる足の膝、は意図的に曲げること。

膝を柔らかく使うことが出来れば、目線も低くなってミスが減る。

相手に攻撃されたときにも、冷静に目線を落とせばラケットの真ん中で捕らえやすくなる。

真ん中に当たれば、そうそう厳しいショットでも甘くはなりません。

その為にも、意識するのは軸足と体重の乗せ方、です!

 

オープンスタンスは現代テニスの主流ですが、しっかりと軸足を意識出来ている人は少ない。

フワフワして壁が出来ていない人、動きながら打っている人は、試合の大事な場面でミスにつながる。

普段の練習から、しっかり軸足を意識しましょう。

テニスは基本的に、どちらかの足が必ず軸足になる。

ここに気付けると、上達も速いです!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

    スライスを打つたびに、ポーンと打ち上げるような軌道になってしまう。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる

    ボールをよく見る、ことはみんな意識していること。ですが、試合の…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ

    現代テニスでは、ライジングショットは不可欠。前に入って攻撃して…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  5. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?

    ウォーミングアップで行うショートラリー。これ、正直苦手という人…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

    たまに入る、威力のあるストローク。でも、安定感が無いから試合で…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ…
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう
  3. サーブ

    本気で実行出来る人は、そういない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って…
PAGE TOP