テニス リターン

ストローク

「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

テニスの試合で勝ち進む人には色々なタイプがありますが、まず共通しているのはしっかりとした武器を持っているということ。

組み立ての基本となるのは、やあhりフォアハンドのストローク。

これでしっかり攻撃できるかどうかが、シングルスでもダブルスでも鍵になってきます。

一般のプレイヤーや学生の方でも、フォアハンドストロークをワンランクアップさせるのに大切なのは、やはり「打点」です。

 

「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

 


 

1.ストロークの打点は、「高く」「前で」が基本

ストロークの基本的な技術は、最初に打点を落とした形で教わるケースが多いのが現状です。

もちろん、初めてラケットを握ってしっかり繋げるラリーをするには、正しい順序です。

しかしレベルが上がって試合で戦うとなると、その打ち方では相手にプレッシャーをかけるのが難しくなってきます。

特に一般の社会人の方ほど、打点を「高く」「前に」設定しないと、力を上手く伝えることができません。

これには相当な早い準備と、タイミングの取り方を練習する必要があります。

 

2.今のテニス界の主流は「逆クロスのサイドスピン」

特に女子選手で増えてきいたのが、この「サイドスピン」を積極的に活用していくストローク。

フォアハンドの逆クロスで相手のバックハンド側に逃げるようなストロークを打つと、とても有効ですよね。

打点を高く取れば、実は自然にこの回転がかかるようになります。

その為にも、打点に応じてグリップを少し厚くする必要がありますので、自分自身で調整してみましょう。

きっと試行錯誤していけば、打ちやすいグリップと打点を見つけることができるはずです。

 

3.クロス方向への回転のかけ方は、意外と難しい

フォアハンドのクロス方向へのストロークは、簡単?というイメージはありませんか?

これが実は大きな落とし穴で、高い打点をクロス方向に打つのは実は難しいのです。

なぜならアウトサイドインのスイングを高い打点で行うには、早い準備とラケットを大きく高く上げないといけない、そして打点もかなり前に取らないといけない・・・と、非常に多くの準備事項があるのです。

低い打点であればクロス方向に打ちやすいストロークですが、高い打点はとにかく早めの準備を心がけましょう。

 

4.一番意識したいのは、しっかり早く構えて相手に複数のコースを意識させること

高い打点で打ち込むフォアハンドストロークは、アナタ自身のウィナーショットにもってこいです。

しかし、一つだけ重要なポイントが。

それはショットそのもののパワーや精度で勝負するのではなく、あくまで複数のショットの中からの選択の一つ、として位置付けることが大切なのです。

どんなに優れたショットでも、相手に予測されれば返球され反撃されるのがテニス。

しっかりと肩が入った状態で、各コースへの「打てますよ」アピールを相手に示すことが重要です。

 

プロテニス選手の試合を観ていると、そのストローク力にどうしても目がいってしまいます。

鮮やかなウィナー、でもその背景にはたくさんの伏線があり、対戦相手も駆け引きをしている。

だからこそ、この「高い打点でのフォアハンドストローク」はしっかりと練習して、どこにでも同じ構えから打てるように練習しておいて下さい。

ここぞという、試合の場面で相手の足を止めるような、フォアハンド。

磨いて試合で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  2. ストローク

    「鼻で吸って口で吐く」練習をすることで、テニスの試合でもスタミナが続く!?

    花粉症シーズン真っ盛りである。もう10年以上も花粉症が続いてい…

  3. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で

    試合で使えるパッシングショット。みなさん、相手が前に出て来たと…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  6. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?

    今回はちょっと極端な例のお話を。私が去年、シングルスの試合をす…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときに、調子を戻す方法
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント
  3. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心…
PAGE TOP