サーブ

苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

目次

これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。

サービスゲームって、こんな感じじゃないですか?

楽している方が、最後は苦しくなる。

だから、試合では諦めてはダメなんです。

諦めないことが、最後に相手にプレッシャーになっていきますから。

 

苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

 


 

1.自分は苦戦、相手は楽々キープ

試合を進めていく中で、サービスキープが進んでいく。

でも、その内容は大違い。

自分のサーブはイマイチで、毎回デュースになって何とかキープ。

相手のサーブはファーストがしっかり入って、ラブゲームキープ。

スコアはイーブンでも、消耗はこっちが激しいし、勝利は難しいように思えて来る。

みなさんも、こんな経験ありますよね。

でも、こっちの方が私はチャンスがあると思っています。

苦労してキープしている方が、実はそのままキープし続ける可能性が高い。

テニスの試合って、分からないものなんです。

 

2.苦労してキープしている方が、色々経験出来ている

自分自身も、覚悟出来てますからね。

楽にキープ出来ない、だから辛抱しようと。

ポイントも多く重ねていますから、相手がどんなリターンなのか、何を仕掛けて来るのか、だいぶ見えて来ている。

この方が、試合の後半は戦いやすいでしょう。

逆に、ずっとラブゲームで簡単にキープしてきたような相手の方が、大変ですよ。

いざ、という場面は後半でしか経験出来ない。

これは、アナタにとってチャンスなんです。

 

3.まず30-30にして、チャンスを掴みたい

サーブを打つ時のプレッシャー、これを試合の序盤に経験出来ていない。

これは、チャンスなんです。

楽にキープしてきたような相手は、自信に満ちているでしょう。

でもその自信、実は脆く薄いものだと思いますよ。

まず30-30のカウントにまでもっていけば、徐々に力が入って力んでくる。

ファーストサーブも、入らなくなってくるでしょう。

そうなれば、アナタ自身に一気にチャンスが来る。

試合の序盤で苦しいキープを経験していないと、終盤でいきなり来た緊張、ピンチに対応出来ませんからね。

 



 

4.「上手くいっている時は、危ない」が試合の基本

危ない、には根拠があります。

相手からのプレッシャーを感じていない、自分のプレーに気付かないと。

試合の終盤、本当に勝敗を左右するような場面で、自分が出来るプレーは何か。

序盤にサーブの調子が良いと、つい忘れがちになってしまいます。

苦労してキープしている選手の方が、試合の終盤に調子を上げて来やすいのがテニス。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

 

5.お勧めの練習法

練習法ではないのですが、調整法があります。

サーブの調子が良い時ほど、私はファーストサーブからのラリーを大事にするポイントを作ります。

相手とラリーをしないようなポイントが続くと、楽にキープ出来ていてもどこか調子が上がらない、相手のことが分からないじゃないですか。

だから、ファーストサーブを入れて、ラリーする。

意図的に、こういうポイントも作ってみる。

試合の現場で、少しこういう調整が出来ると、終盤にも活かせるでしょう。

 

「こっちの方が、総ポイントでは多いのに・・・」という試合、ありますよね。

楽にサービスキープ出来ている試合って、難しいんです、本当に。

これもまた、テニスの試合の面白みの一つ。

しっかり準備して、諦めない、油断しない。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. サーブ

    本気で実行出来る人は、そういない

    自分のテニスを、変えないといけない。その必要性は理解していて…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!

    試合で使えるオプション、その一つがクイックサーブ。でも、ただタ…

  3. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について

    テニススクールでは、中級以上で並行陣を習うケースが多い。ストロ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

    厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。何だか、ま…

  5. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう

    サーブ&ボレー、なぜなかなか上手くいかないのか。この問題を考え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ネットに近いほど、ドロップボレーは山なりで!
  2. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと
  3. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
PAGE TOP