テニス ダブルス

シングルス

シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準備が必要です

シングルスの試合は、序盤が勝負。

特に多くの試合は1セットマッチで行われますので、序盤につまずくと反撃する機会も少ない。

それくらい、最初の出だしは重要なんです。

「そんなの、分かってるよ・・・」という声が聞こえてきそうですが、序盤のシングルスの試合では、特にサービスゲームをいかに安定してキープするかが重要。

そこでリズムが生まれれば、きっとリターンゲームにも好影響をもたらしてくれるはずです。

 

シングルスの試合では、「序盤に離されないで、安定したサービスキープ」をする為の準備が必要です

 


 

1.まず遅くても良いから、ファーストサーブを入れる

序盤からパワー全開でサーブを打っていくなんて、自殺行為。

まずは70%くらいの力でファーストサーブを打って、そこからのラリーで勝負していきましょう。

確率とコースを重視して、相手にアピールしたいのは「手堅さ」です。

セカンドサーブなったら、しっかり相手の攻撃にも備える。

序盤であれば、相手の様子や特徴も探りたい。

自分のサーブでいっぱいいっぱいにならないように、まずは抑えたテニスから入っていくように意識した方が良いでしょう。

 

2.事前に考えたプランを明確にして、迷いを無くす

序盤のプレーに、「迷い」があるとあっという間にゲームカウントを離されてしまいます。

事前に作戦、戦術はしっかりまとまっていますか?

相手の特徴はあれど、ある程度「今日はこうやって戦おう!」というのは、決めて試合に入りましょう。

方向転換はOKですが、何も考えないで漠然と試合に入ってはダメ。

序盤のサービスゲームでは最低限、リターンからの3球目はどう展開するのか、くらいはしっかり決めておきましょう。

 

3.サービスキープが出来れば、リターンは確率重視で楽にいける

サービスゲームに安定感が出ると、リターンゲームにも余裕が生まれます。

相手のファーストサーブは返球の確率重視で、セカンドサーブは攻撃的になれる。

これがブレイクされて進行していると、全てが受け身になって攻撃し辛い。

ブレイクバックしようと力が入っても、良いショットが続かないという悪循環のテニスに陥る選手が多いですよね。

むしろそういった「無理なプレー」は、相手にさせること。

自分がやっても、敗者に向かってまっしぐらなだけです。

 

今回紹介した内容で、難しいと感じたことはありますか?

きっと、レベルに関わらず「やれば出来ること」ばかりだったと思います。

シングルスの試合、戦うのも準備するのもアナタ次第。

まずは試してみて、それでもダメならまた考えてみましょう。

きっとサービスゲームをリズム良くキープしていくには、まだまだ策が足りない。

厳しい課題ですが、一緒に頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバック狙いを身に付けよう…

    シングルスの練習をしたいけど、どんなメニューが良いかいつも悩んでしまう…

  2. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  5. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  6. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

特集記事

  1. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
  3. テニス 準備

    その他

    コートに慌ててギリギリに入るとき、アナタはもう負けている
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識と…
  5. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
PAGE TOP