テニス リターン

メンタル

相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

相手のサーブの調子が良い。

そんな試合ほど、つい焦ってしまいますよね。

相手のサーブが良いと、プレッシャーも凄い。

でも、試合に勝ち進んでいけば、サーブが乱れる相手は少なくなる。

アナタ自身、心の準備は大丈夫ですか?

 

相手のサーブの調子が良い試合こそ、焦ってはいけない

 


 

1.相手のサーブに、期待しない

3回戦くらいまでは、相手のサービスゲーム、そこまで脅威ではないはず。

どちらかと言えばサーブが苦手、ダブってくれるような相手も多いでしょう。

でも、その先に勝ち進んでいけば、様相は変わって来る。

サーブが得意、安定感のある相手、も多いじゃないですか。

そこで、焦ってしまってはいけない。

相手サーブに期待しない、ということ。

改めて、ここに強い意志を持つことが大事です。

 

2.相手のサーブと、張り合わないこと

よく男性の方で多いんですが、相手のサーブが良いと張り合ってしまう人。

エースを取られたら、エースを取り返す意欲が高まってしまう人、いませんか?

これは、感情的になっているだけ、良いことは何もありません。

相手のサーブと張り合わず、自分は自分のスタイルを貫かないと。

調子が良い相手、を受け入れてしっかり対抗していく。

自分のサービスゲーム、は自分のリズムでキープしていくに限ります。

 

3.1ブレイクで勝敗が決まる、ことを覚悟しよう

強い相手との試合は、こうなるはず。

1回のブレイク、その差で勝敗が決まる。

4-6、または6-4で終わるようなしびれる試合、になるでしょう。

そこに、プレッシャーを感じますか?

きっと、アナタ自身のサービスゲームの準備がしっかり出来ていれば、そんなに焦る必要はありません。

相手の調子が良いと、「自分は落とせないな・・・」と思いますよね。

そう、落とせないんです。

厳しいようですが、これが強い相手とのテニスの試合ですから。

覚悟を決めて、神経戦に挑んでいきましょう。

 

4.でも、良いサーブの調子を乱すには・・・?

やはり、シンプルにまず返すこと。

リターンをしっかり、相手コートに入れる、3球目を打たせる。

これが大事なんですよね。

相手の調子を下げるには、まずラリーに持ち込んでプレーさせる。

そうすれば、サーブを打ちながら「次」を考えさせることが出来ますから。

エースやフリーポイントが多いと、ますますサーブに集中されてしまう。

これだけは避けたいところ、ですね。

 

相手のサーブの調子が良いと、ガックリ来てしまう。

気持ちは分かりますが、アナタ自身が倒していく相手は、そんな相手ばかりなはず。

しっかり喰らい付いて、1ブレイク差で勝つ。

これも、アナタ自身のリズムになっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

  2. テニス 感覚

    メンタル

    格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

    格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。何度も自分を責…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  4. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである

    新学期、新入生、新体制・・・。アナタのテニス部やサークル、チー…

  5. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメンタルが養われていく」…

    今回、アンケートを実施させて頂いて、一番多かったお悩みの相談内容は「メ…

  6. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス

    「あぁ、自分もメンタルが強くなりたい」そう考えているみなさんに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー
  2. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  4. 戦術

    対戦相手は、亀かウサギか
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「当たり前」のレベルが高い人は、当たり前だけどテニスも強く成長出来る
PAGE TOP