テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。

せっかくコート上に2人いる訳ですから、しっかりポイントを決める。

決め切る為に必要なのは、角度を付けたボレー。

これが打てるかどうかで、ダブルスのレベルは決まります。

 

ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

 


 

1.ネットにしっかり詰めるには、事前の動きが大事

前衛と一言で言っても、そのポジションは色々。

50cm違えば、求められるプレーは全く変わってくる。

そして、その50cmのポジションをしっかり前、にしていくためには相手が打つ前に動かないとダメ。

予測して、思い切ってロブを捨てる。

これには当然、後衛との連携も不可欠。

まずはしっかり、「ネット近くでボレーをする、という覚悟」が必要なんです。

 

2.ネットに詰めたら、ラケットヘッドを立ててアングルボレー

しっかり良いポジション、ネット近くでボレー出来るならしっかりラケットヘッドを立てる。

そして、ボールの横を触って、アングルボレーをシングルスライン付近に落とす、ことを実践しましょう。

ポジションを前にしながら、打つコースもイメージすること。

相手が打ってから、何もかもを決める、から上手くいかない。

しっかり事前にイメージを固めて、あとは身体が自然に動く。

ように練習していきましょう!

 

3.アングルボレーは、難しくない!

でも、「自分はまだ初心者だし、ボレーも苦手だし・・・」と考えている方も多いでしょう。

それって、発想がもったいない。

ネット近くで触るから、ガシャッたようなボレーでも良い感じにドロップボレーになる。

特典をしっかり活かす、ことが出来れば・・・アナタの苦手意識も払しょくされるし、ダブルスはもっとポイントが獲れるようになる。

この意識って、成功体験でしか得られない。

要は、やるかやらないか・・・です。

 

きっと、「やってみたら、意外と簡単じゃん!」の代表格が、アングルボレー。

難しいのはポジショニングで思い切って動く部分。

ここが一番、勇気が要るんです。

ネット近くにいくって・・・上級者の人でもなかなか出来ないもの。

信じて動く、でダブルスはもっと強くなれます!

 

今回のまとめ

ネット近くに詰めることさえ出来れば、ダブルスで前衛のアングルボレーは決まる!

 

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない

    テニスの試合で、強くなりたい、強い相手を倒したい。そう本気で考…

  2. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

    ここぞ、という場面でのリターンでのストレートアタック。アナタ自…

  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス

    ダブルスの試合で、雁行陣同士の戦い。後衛がストロークで打ち合っ…

  4. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

    ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。ボールは飛…

  5. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

    相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!でも、どこを狙うと一番効…

  6. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方

    ミックスダブルスの試合、みなさんどう戦いますか?上手く女性を狙…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  4. メンタル

    自己肯定感、をコントロールしよう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!
PAGE TOP