テニス メンタル

戦術

テニスが上手くなるのに、センスは要らない

テニスには、センスが必要。

その思い込みは、損するだけと何度も書いて来ました。

なぜなら、私はセンスが良い人ほどテニスに伸び悩み苦しんで、最後は高い理想が仇となってテニスが嫌で止めていく人が多いから。

上手くなる人は、センスがある人じゃない。

もっと私たちが大事にしたい、平凡なことです。

 

テニスが上手くなるのに、センスは要らない

 


 

1.続けている人が、最後にコツを掴む

何かを、やり続ける。

自分なりに、試行錯誤を続ける。

こういう人が、テニスに必要なコツを掴んでいくんです。

センスが良い人は、自分で勝手に「掴んだ」気になる。

確かに、パッと見は上手そうだし、試合である程度結果も出るでしょう。

でも、同じようなコツを身に付けたとしても、その過程には大きな差がある。

時間をかけて身に付けたことは、その身に付けたこと以上の価値がある、と私は思いますよ。

 

2.継続して、継続して、継続して見えて来る

例えば、前衛の動きにしてもそう。

ポーチが上手くなりたいなら、何度抜かれても出続けること、が大事。

抜かれて抜かれて、普通はその場にとどまりたくなるんです。

ストレートを抜かれること、が怖くなりますから。

でも、それでは結局相手の思うツボ、じゃないですか。

恐れて行動出来ない、ようになった時点でアナタの負け。

何回も何回もやられても、出続けること。

そして、その前衛を後衛が支えること。

私は、こういう姿勢こそ、テニス選手の成長に欠かせないと思っています。

 

3.最後までコートに立った選手が、勝ち!

実は、最近私自身大きなものを失いました。

数年積み上げてきたもの、を一気に無くしてしまったんですが、ここでもテニスの経験が活かされています。

まだまだ、これからじゃないかと。

普通は、ここで止めたくなるんですよ。

また同じものを積み上げるのは辛い、と感じますから。

でも、その積み上げた過程は自分の中で残っている。

それに、大事なことを自分は理解しているつもりです。

テニスから学んだ、「最後までコートに立った選手が、最後には勝つ」という部分。

何より続けること、が大事なんだと。

みなさんも、きっと日常生活とテニスがリンクして、そう感じられる日が来ると思いますよ。

 

4.平凡なことを毎日続ければ、それこそが非凡

今回、読者ミーティングを実施して、感じていること。

それは、読者のみなさんの根気です。

「毎日読んでます!」と言われると、本当に感動させて頂きますし、凄いなと。

書いている私が言うのものあれですが、私自身が外のサイトで毎日見ているもの、ほとんど無いように思います。

サイトを見る、記事を読む。

この平凡にも思えることを毎日繰り返して来たみなさんは、間違いなく非凡です。

だから、きっと何年後もコートに立ち続けることが出来る。

私はそう信じてますし、きっとそうなると思うんですよね。

 

センスが無い人の方が、上手くなる。

これは、年齢を重ねていくとより感じます、実際。

続けてみて、見えて来るもの。

簡単には見えない、だからこそ価値がある。

そんな瞬間がみなさんの中に増えるように、私はこれからもヒントの種を蒔き続けようと思います。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. 戦術

    自分の火付けショットは、何?

    みなさんは、試合の中で自分に「火を付ける」ショットはありますか?…

  3. テニス 戦術

    戦術

    アナタが打ってくるのを、相手は待っている

    試合では、相手は待っているそう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃…

  4. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある

    ショットをミスして、「しまった・・・」と。でも、ちょっと待って…

  5. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスでは、「元々の武器より弱点から育て上げた武器」の方が試合で使える

    「アナタの武器、何ですか?」と聞かれて、皆さんはパッと答えが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?
  3. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け
  4. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合直前の心配や不安は、9割が妄想である
PAGE TOP