テニス メンタル

その他

「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです

テニスを長く続けていると、何度も聞くことになる言葉。

「センス」って、何なんでしょうね。

私は、この言葉を簡単に使っている人が、あまり好きでありません。

というか、結果的に損するだけだと思うんですよね。

 

「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです

 


 

1.センスが良い人って、何?

「あの人は、センスが凄い」という話、みなさんの周りでもありませんか?

特に、男性の方はこの手の話で盛り上がりますよね。

センス、感覚、が優れている人は、確かにいるでしょう、実際。

でも、その言葉で片づけてしまって、本質を見ようとしない人、が実に多い。

センスが良いって、つまりはどういうこと?

生まれつきのもので、後から身に付くものではない、ということでしょうか?

思考停止、している方が多いように思います。

 

2.センスは、全て体系化・具体化出来る

センスが良い、という言葉で逃げている人は考えていないだけ。

例えば、綺麗なドロップボレーが決まっても、その結果しか見ない。

これでは、自分で打てるようになる訳ないんです。

その前のポジションはどうだったのか、グリップは?

その前のポイントで、深いショットが効いていたのかもしれない。

「センス」という言葉で片づけると、こういう想像力、が育たないんです。

センスという言葉、で片づけないで具体化してみる、自分なりに分析してみる。

そうしないと、ずっとそのコンプレックスは埋まらないですから。

 

3.「あの人と自分は、違う」と、白旗状態じゃないですか?

これは、逃げているだけ。

センスが良い人、と認めて、自分には出来ないと決めつけている。

本当に、もったいないですよ。

センスは全て、自分で育てていけるもの。

だって、それはつまり技術力ですから。

同じ人間、感覚にそう大きな差なんて無いですよ。

あるのは、みなさんの中にある意識の差、だけです。

 

4.上手い人のセンス、を盗んでいこう

私も、たくさん参考にしてきました。

感覚の部分ではなく、どうラケットを動かしているのか。

どのタイミングで、何を意識して打っているのか。

聞いてみても良いと思います。

みなさんが見て、センスが良いと感じる人は、みなさんが目指すモノを持っているはず。

それを、感覚の違いと諦めるのは、ただもったいない。

目の前に、宝の山がある訳ですから。

全てのセンスは、盗めます。

 

結局は、配球パターンです。

センスが良いと感じる人を、もっともっと、客観的に見てみましょう。

自分も同じ、人間だと思って、盗んでみる。

すると、きっと今まで見えて来なかった部分が、たくさん見えて来るはずです。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

    これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。改めて彼のすごさ、…

  2. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  3. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にある

    テニスの練習、試合を繰り返していると必ず成長出来るか?と言われ…

  4. テニス ボレー
  5. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ

    いくら何でも、今年の夏は暑すぎる・・・。テニスしたくても身の危…

  6. テニス 調子

    その他

    暗くてボールが見えない、ときに堅実にプレーするコツ4つ

    今の時期、すごく日が短いですよね。明るい時間が少ないし、もう1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り…
  2. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    「並行陣を崩すディンクショット」を身に付ければ、テニスの試合での速いサーブも怖く…
  4. テニス フットワーク

    ボレー

    ダブルスの試合で、「ポーチに出たのにローボレーになってしまう」のは大問題です!
  5. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
PAGE TOP