テニス 打点

メンタル

自分の実績を気にしてるのは、自分だけ

テニスの試合で、自分のメンタルが弱いと嘆いているみなさん。

それって、ちょっと自意識過剰、なんじゃないでしょうか。

話を聞いていると、結構「実績」にコンプレックスを持っている人は多い。

何度か書いて来ましたが、私のテニス観で言えば、これに尽きます。

 

自分の実績を気にしてるのは、自分だけ

 


 

1.いつからテニスを始めた?なんて、関係無し

試合の現場では、全く関係ありません。

いつからテニスを始めたのか?

部活?体育会?

そんなこと、正直周りの人もそんなに興味持ってないと思いますよ。

たまに、テニスの実績オタクみたいな人はいますけどね。

そういう人って、自分は試合に出ない人が多いんですよ。

試合に出ている人は、あくまで今のアナタ自身を対戦相手として、しか見ていない。

自分の経験や実績、を気にしているのは、結局自分だけ。

そうは思いませんか?

 

2.どんなに悩んでも、過去は変えられない

過去に戻って、自分をやり直せる人はいない。

学生時代の実績が欲しいと思っても、それはもう無理な話。

だからこそ、必要なのは今、これから、どうするかです。

過去の実績にコンプレックスを持っても、悩んでも、それは自分の中で勝手に損するだけ。

繰り返しますが、アナタ自身の周りの人は、きっとなんとも思っていないはず。

自意識過剰、と言えば言い過ぎかも知れませんが、気にしてテニスに億劫になることが一番、もったいない話です。

 

3.今いる肩書き、だって足かせになる可能性大

テニスの試合では、必ず所属を書く欄がありますよね。

ここって、見て気にする方多いじゃないですか。

どこかの代表だったり、名門クラブ、スクールだったり。

でも、それが結果的に足かせになってしまうような人も多い、と私は思っています。

強いチームに入っているだけで、満足してしまっているような人も多いですからね。

「誰と一緒に練習している」みたいな、意味不明な自慢をする人も多い。

結局は、アナタ自身がどうなんですか?という話ですから。

試合で化けの皮が剥がれてしまっていることに、気付いていない人は成長出来ない。

これも、とても恥ずかしいことだと私は思います。

 

4.自分を気にしている内は、まだまだ自分を守りたいだけ

「こういう自分」という先入観、があるんでしょうね。

自分の実績や過去を、周りからどう見られているのかを気にしている人は、なかなか変われない。

周りの目、が一番の判断基準になってしまうと、テニスもつまらなくなっていくんですよ。

失うものばかりに目がいって、何かを断って始める、ということが出来ない。

繰り返しますが、周りの人はそこまで、アナタ自身の過去や実績に興味は無い。

だらこそ、もっとアナタ自身、自分の過去と決別して前を向いていきましょう。

テニスで結果が出ない人は、この意識改革が大事です。

 

過去と他人は、変えられない。

すぐに変えられるのは、アナタ自身のテニスです。

過去がどうとか、実績が無いとか、それは逃げる言い訳にしかならないですから。

振り返ってみて、良いテニス人生だったなと。

思えるようなテニス選手、の生き方をしたいじゃないですか。

まだまだ、私はみなさんと一緒に新しい未来を創っていきたい。

T-PRESSは、そんなみなさんと共に、成長していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

  2. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

    試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロ…

  3. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!

    試合になると、練習の強気なショットはどこへやら。何度出て経験を…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    普通のテニスに見えるのに、なんであの人は試合に強いの?という人について

    皆さんの周りにも、いませんか?「何であの人が強いのか、分からな…

  5. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  6. テニス フットワーク

    メンタル

    テニスの試合で余裕を持ってプレーする為には、「自分よりレベルが低い相手」とも、しっかり練習することが…

    強い相手、シード選手相手の試合だと、自分に余裕が無いと感じること、あり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    「トップスピンロブ」はテニスの上級者でなくとも身に付く技術です!
  2. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術
  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  5. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
PAGE TOP