テニス ストローク

ボレー

「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打てます!

女子選手の試合を観ていると、プロでもジュニア選手でもドライブボレーを使う選手が多くなりました。

一昔前までは、力があってスピン系のストロークをしっかり打てる選手の特権だったドライブボレーですが、今は違います。

最新のラケットとガットがあれば、力が無い女性や薄いフリップの方でも工夫次第でドライブボレーは打てる。

その為に、まず意識したいのは、打点です。

打点の高さえしっかり意識出来れば、非常に試合で使える武器になるのでオススメです!

 

「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打てます!

 


 

■「低い位置から持ち上げる」のは非効率的

ストロークの延長で考えてしまうと、どうしても打点が低くなりがち。

打点が低いドライブボレーは、男性が打つのでも結構苦しい。

ラケットが加速する前に、上から落ちて充分に加速したボールを捕えるわけですから、怪我にも繋がります。

打点が落ちてしまうのであれば、通常のスライス系のボレーに切り替えたほうが良いでしょう。

 

■理想的な打点は、「胸と肩の間」の高さ

結構高いな・・・と感じた方もいるかも知れませんが、胸から肩の高さが、ドライブボレーではオススメの高さ。

その為には、しっかり高い位置にラケットを準備する、そして一度ラケットヘッドを少し落としたら下から上、そして前に振っていく。

このコンパクトなスィングで振り切れば、大丈夫です。

ラケットは常に自分の顔の横くらいにセットして、速く足でスタンスを決めて待ち構える意識を。

打つコースはまずはストレート方向が基本です。

クロス方向は、余裕があるとき以外は難しいのであまり打たないほうが良いでしょう。

 

■ボレーの軌道の頂点をネット上、ではなくもう少し相手コート寄りに

しっかり攻撃力のあるドライブボレーに仕上げていく為には、やはり深さが欲しい。

ドライブボレーは一度上にボールを飛ばして、急激なスピン回転で落としていく。

深さを出すには、その軌道の頂点を、相手コート側に作るようにイメージしましょう。

ただこするだけだと、重さも出ないし浅くなる。

まずは今のストロークと同じグリップで、しっかりアウトするくらい振ってみましょう。

フォアハンドから、思い切ってミスしてボールを飛ばしてみることをオススメします。

 

迷い無く振り切る。

その為に、打点は高い方が良いですよね。

高い打点だと、それだけネットを超える確率も高まりますし、ミスも減る。

意外とこの「高い打点・・・」は、実践するのが難しい。

動画で撮影したりしながら、「自分を知る」ことで、その意識は改革できるはずです。

ぜひ、試合の中でドライブボレー、打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

  2. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め」、に構えると安定し…

    ネットプレー、ボレーと一言で言っても、テニスで求められる技術は様々です…

  3. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

    ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。色々あ…

  5. ボレー

    ダブルスの試合で、誘うことは出来ても決められる前衛は少ない

    ダブルスの試合で前衛に立っている時、みなさんはどんなプレーが多いですか…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に

    とにかくボレーが嫌い!高校生の頃はそう感じていたし、高校卒業し…

特集記事

  1. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長
  3. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  4. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話
  5. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいな…
PAGE TOP