テニス メンタル

ストローク

深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

「ライジングショットを、試合で打つのは難しい」という感覚を持っている方、初中級の方に多いかも知れません。

ですが実際に試合に出ていると、後ろに下がってストロークを打つと前にスペースが出来る。

ここは、ストロークに苦手意識がある方でも、ポイントを押さえればライジングショットは必ず打てるようになります。

基本的なことを確認して、あとはどんどんチャレンジして失敗していきましょう。

試行錯誤で、必ず良いライジングショットは身に付きます。

 

深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

 


 

1.素早く足を決めて打点に入る

ライジングショットの基本は、しっかりスタンスを決めて入ること。

いつものストロークよりも、速くポジションに入って待ち構えるタイミングを作りましょう。

この貯めがあると、相手は打ってくるコースが分からず動けなくなります。

相手がボールを打った瞬間に、どこでどの打点で打つのかを決めて素早く動く。

慣れるまで何度も球出し練習で、練習しましょう。

 

2.前に入って、高い打点で打つ

コートの内側に入って、高い打点で打つのがライジングショットの基本。

これが出来るから、相手は時間を奪われて余裕がなくなる。

ライジングショットはその威力やスピードではなく、タイミングの速さで攻撃してくショット。

決してパワーだけで勝負するのではなく、むしろ相手のボールの力を使って打てるようにしましょう

 

3.スタンスはオープンスタンスでも、上半身はしっかりひねること

フォアハンドであれば、上半身をひねったオープンスタンス、セミオープンスタンスが望ましいでしょう。

下半身で横向きを作り過ぎてしまうと、少し窮屈な感じになってしまいます。

バックハンドであればはっきり横向きを作ったほうが、打ちやすい。

フォアとバックによって、少しスタンスを変えるだけでライジングショットはかなり打ちやすくなります。

皆さんで工夫してみて下さい。

 

4.試合で「ライジングショットを使う」という宣言を自分にしておく

これが一番、大事です。

「強い相手には、こういったショットを使わないといけない」と、自分自身にしっかり宣言しておくこと。

後ろにズルズル下がって失点するよりは、まだ攻撃的なミスのほうが相手はプレッシャーに感じる。

ライジングショットは確かに、勇気が要ります。

だからこそ、試合前のはっきりした心構えが必要です。

 

普段の練習の中で、「下がらない」ことをどれだけ意識出来ているでしょうか?

試合になると、自分からミスしたくないあまりにベースラインから1メートル、2メートルとどんどん下がってしまう。

自分から相手を楽にさせていくことに気付かなければ、試合で勝つことは難しい。

これはシングルスでもダブルスでも一緒です。

自分はどんなポジションにいて、相手にどう思われているのか。

今一度考えて、その後はどんどん、ライジングショットを練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想

    強い選手は、しっかり決める。ストロークでも浅いボールは、しっか…

  2. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいないか?

    試合中、精神的に苦しくなることはよくあること。自分もビビってい…

  3. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について

    バックハンドストローク苦手だったので、バックが苦手な人を見分けるのが得…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

特集記事

  1. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う
  2. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です
  3. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい
  5. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
PAGE TOP