テニス メンタル

ストローク

テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。

次の試合はまだまだあるのに、もう1ゲーム目から走れる気がしない・・・。

でも勝ち抜いていく選手を観ると、1日何試合やってもまだまだ余裕があるし、自分とは大違い。

そんな経験、ありませんか?

 

テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

 


 

■なぜ、アナタの試合は疲れるのか?

なぜ、こんなにも試合って疲れるんでしょうか。

練習を同じ時間だけやっても全然平気なのに、試合だとなぜか疲労が溜まるのが速い。

それって、緊張?

確かに緊張も要素の一つでしょうが、私が考えるに試合では、「相手を動かしているのか、動かされているのか」によって、疲労度は多く違います。

これに気付ければ、体力も上手くコントロール出来るでしょう。

 

■相手に走らされてばかりだと、それは疲れる

強い対戦相手となると、試合中は左右前後に振り回されます。

でもそれがテニスの試合ですよね。

ここで疲れないようにするためには、どこかで「予測」が出来ないと、流れを変えられない。

走らされていても、「自分の予想通り、想定の範囲内」でのことであれば、人は結構疲れません。

相手の身体の向き、ラケット面、性格、そこまでの配球の傾向・・・たくさん、ヒントはあると思います。

逆を突かれたり、思い通りににいかなくなったら急に疲れてくるのです。

 

■主導権をどこで奪い返すのか?を明確に

では、何を変えていければ良いでしょうか?

まずはアナタ自身の攻撃の形、先手を打っていきましょう。

多少リスクを負ってでも、ここは攻撃にいかなければ自分が走らされてばかりです。

リターンやサーブでコースを突いて、そこからの展開を2手、3手と詰めていく。

得意のパターンを見直してみて、相手を動かす感覚を取り戻しましょう。

強い対戦相手でも、どこかのポイントでは勇気を出してアタックしないと道は開けません。

 

一番まずいのは、走らされて疲れて、一か八かのショットで勝負に出ること。

例え入っても、それはアナタの負けです。

確率の低いテニスに、未来はありません。

試合の中で、「相手のペースで走らされているな・・・」と感じたら、要注意。

気が付けば反撃する体力が残っていない、なんてことにもなりますので・・・。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. + POWER CUP について
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェックしよう

    いつも通りに打つこと、がテニスでは本当に難しい。実際には風の影…

  2. テニス 並行陣
  3. ストローク

    スライスで逃げる、のに限界を感じてないですか?

    「返していれば、自滅してくれる相手」これが実際多いのが、テニス…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出そう

    昨日はデビスカップ、観戦に行ってまいりました。改めてフランスチ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる

    重たいスライスを使って、相手を追い込んでいきたい。そう考えてい…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  4. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの…
  5. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオ…
PAGE TOP