テニス メンタル

メンタル

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」

「私はメンタルが弱いので、試合で勝てないのですが・・・」

というお悩みの相談、をよく頂きます。

端的に言えば、私はこれだと思います。

こういうことをしてしまう人、がメンタルが弱い。

というより、自分の意志が弱いんですね。

 

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

 

1.負けていく人は、何かを諦めていく人

試合の中で、見ているとよく分かります。

負ける人は、1度の失敗でダメージを負い、止めていく。

上手くいっている内は良いんです。

上手くいかなかった、ミスして失点しただけで、すぐに慌てて方向転換。

これが試合での、勝負の境目。

本人は、さほど気付いていないと思うんですけどね。

 

2.典型例は、ダブルスのポーチの場面

一番多いのは、これですかね。

ダブルスの試合で、前衛が動いたけど失敗した。

その失敗が、ポーチミスなのかストレートを抜かれたのか、ケースは様々でしょう。

でも、この失点で意気消沈して、作戦自体を止めてしまう人が本当に多いんですよ。

せっかく動いて、相手にプレッシャーをかけたのに。

ここで止めてしまえば、相手の思うツボ。

意地になって続ける、とかじゃなくてですね。

大事なのは、相手に「自分たちはミスを恐れないし、プレッシャーをかけ続けるよ」という姿勢を見せること。

作戦を止めてしまう人は、その時点で失敗、ということに気付かないと。

もっとテニスの試合の中、で成長していく姿勢を持ちましょう。

 

3.周りの目、が怖いんじゃない?

きっと、これだと思うんですよね。

「何回も同じミス、みっともない・・・」とか、周りから思われたくない。

どこかでそういう意識、ありませんか?

対戦すべき相手ではなく、周りの目を気にして作戦を変更する。

やられたら止める、方が安全だし後から言い訳も出来る。

こういう考え方の人、試合会場で結構多いんですよね。

 

4.アナタの意志、はどこにあるの?

これです、これ。

これが無いと、どんな作戦も何の意味も持ちません。

しっかりと、準備してきたならやり抜かないと。

やり抜かないと、次へもつながらない。

作戦を失敗?まず実行した時点で、成功じゃないですか。

得点か失点かは、さほど重要ではないはず。

アナタ自身に、強い意志があれば、ですけどね。

 

メンタルが強い人は、意志が強い。

周りの目や結果、にとらわれない独自の視点を持っているんですよね。

自分の世界を持って、やり抜くこと。

これが出来れば、試合で勝機は見えて来る。

さぁ、強い意志を持ってコートに立ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

    これは最近私も経験しましたので、改めて。テニスの試合では、残念…

  2. メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!

    テニスはミスが多い方が負け。いつもそう言っているけど、かと言っ…

  3. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、テニスの技術以上に経験と準備の差が大きく出る

    テニスの試合、ほとんどが1セットマッチ。この試合形式、競って5…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    格上の上位選手に対して、「このまま勝ってしまって良いのか?」という問いかけに、打ち勝てますか?

    テニスに限らず、学生スポーツでは特に、この問題を避けて通れない。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「あいつ、やなヤツ。」テニスの試合で対戦するのが面倒な相手って・・・?

    試合の時、相手選手がどういうタイプだと嬉しい?そしてどういうタ…

  6. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振…
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!
  4. テニス ボレー

    その他

    チャンスをしっかり「浅い場所に角度を付けて打てる」、ようになればテニス上級者
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
PAGE TOP