テニス メンタル

メンタル

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」

「私はメンタルが弱いので、試合で勝てないのですが・・・」

というお悩みの相談、をよく頂きます。

端的に言えば、私はこれだと思います。

こういうことをしてしまう人、がメンタルが弱い。

というより、自分の意志が弱いんですね。

 

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

 


 

1.負けていく人は、何かを諦めていく人

試合の中で、見ているとよく分かります。

負ける人は、1度の失敗でダメージを負い、止めていく。

上手くいっている内は良いんです。

上手くいかなかった、ミスして失点しただけで、すぐに慌てて方向転換。

これが試合での、勝負の境目。

本人は、さほど気付いていないと思うんですけどね。

 

2.典型例は、ダブルスのポーチの場面

一番多いのは、これですかね。

ダブルスの試合で、前衛が動いたけど失敗した。

その失敗が、ポーチミスなのかストレートを抜かれたのか、ケースは様々でしょう。

でも、この失点で意気消沈して、作戦自体を止めてしまう人が本当に多いんですよ。

せっかく動いて、相手にプレッシャーをかけたのに。

ここで止めてしまえば、相手の思うツボ。

意地になって続ける、とかじゃなくてですね。

大事なのは、相手に「自分たちはミスを恐れないし、プレッシャーをかけ続けるよ」という姿勢を見せること。

作戦を止めてしまう人は、その時点で失敗、ということに気付かないと。

もっとテニスの試合の中、で成長していく姿勢を持ちましょう。

 

3.周りの目、が怖いんじゃない?

きっと、これだと思うんですよね。

「何回も同じミス、みっともない・・・」とか、周りから思われたくない。

どこかでそういう意識、ありませんか?

対戦すべき相手ではなく、周りの目を気にして作戦を変更する。

やられたら止める、方が安全だし後から言い訳も出来る。

こういう考え方の人、試合会場で結構多いんですよね。

 

4.アナタの意志、はどこにあるの?

これです、これ。

これが無いと、どんな作戦も何の意味も持ちません。

しっかりと、準備してきたならやり抜かないと。

やり抜かないと、次へもつながらない。

作戦を失敗?まず実行した時点で、成功じゃないですか。

得点か失点かは、さほど重要ではないはず。

アナタ自身に、強い意志があれば、ですけどね。

 

メンタルが強い人は、意志が強い。

周りの目や結果、にとらわれない独自の視点を持っているんですよね。

自分の世界を持って、やり抜くこと。

これが出来れば、試合で勝機は見えて来る。

さぁ、強い意志を持ってコートに立ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  2. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  3. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  4. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い

    今回も、「言われてみれば当たり前」なことを書いてみたいと思います。…

  5. テニス サーブ
  6. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう
  2. テニス 技術

    ボレー

    片手バックハンドボレーは特に注意しないと、「大事なポイントでふかしてばっかり」に…
  3. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!
  4. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
PAGE TOP