テニス メンタル

メンタル

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」

「私はメンタルが弱いので、試合で勝てないのですが・・・」

というお悩みの相談、をよく頂きます。

端的に言えば、私はこれだと思います。

こういうことをしてしまう人、がメンタルが弱い。

というより、自分の意志が弱いんですね。

 

「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

 


 

1.負けていく人は、何かを諦めていく人

試合の中で、見ているとよく分かります。

負ける人は、1度の失敗でダメージを負い、止めていく。

上手くいっている内は良いんです。

上手くいかなかった、ミスして失点しただけで、すぐに慌てて方向転換。

これが試合での、勝負の境目。

本人は、さほど気付いていないと思うんですけどね。

 

2.典型例は、ダブルスのポーチの場面

一番多いのは、これですかね。

ダブルスの試合で、前衛が動いたけど失敗した。

その失敗が、ポーチミスなのかストレートを抜かれたのか、ケースは様々でしょう。

でも、この失点で意気消沈して、作戦自体を止めてしまう人が本当に多いんですよ。

せっかく動いて、相手にプレッシャーをかけたのに。

ここで止めてしまえば、相手の思うツボ。

意地になって続ける、とかじゃなくてですね。

大事なのは、相手に「自分たちはミスを恐れないし、プレッシャーをかけ続けるよ」という姿勢を見せること。

作戦を止めてしまう人は、その時点で失敗、ということに気付かないと。

もっとテニスの試合の中、で成長していく姿勢を持ちましょう。

 

3.周りの目、が怖いんじゃない?

きっと、これだと思うんですよね。

「何回も同じミス、みっともない・・・」とか、周りから思われたくない。

どこかでそういう意識、ありませんか?

対戦すべき相手ではなく、周りの目を気にして作戦を変更する。

やられたら止める、方が安全だし後から言い訳も出来る。

こういう考え方の人、試合会場で結構多いんですよね。

 

4.アナタの意志、はどこにあるの?

これです、これ。

これが無いと、どんな作戦も何の意味も持ちません。

しっかりと、準備してきたならやり抜かないと。

やり抜かないと、次へもつながらない。

作戦を失敗?まず実行した時点で、成功じゃないですか。

得点か失点かは、さほど重要ではないはず。

アナタ自身に、強い意志があれば、ですけどね。

 

メンタルが強い人は、意志が強い。

周りの目や結果、にとらわれない独自の視点を持っているんですよね。

自分の世界を持って、やり抜くこと。

これが出来れば、試合で勝機は見えて来る。

さぁ、強い意志を持ってコートに立ちましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない

    テニスの試合に勝ちたい、と考えているみなさん。であれば、この問…

  2. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のプレッシャーに負けた」ことに気付けない人は、延々とやられ続けていく

    自分のミスをしっかり分析出来るかどうか。テニスで上達していくに…

  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、何か起きても結局いつも他人のせいに出来る

    テニスは、一人では成長出来ない。私は何度も、周りの仲間の大切さ…

  5. テニス シングルス

    メンタル

    テニスが楽しくない、というのは、ある意味楽しめている証拠かも

    「最近、テニスが楽しくないな・・・」と、感じている皆さん。すご…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある

    少し、「頭おかしいんじゃないの・・・?」という話をしたいと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「ナイターになったら球が急に速くなる?」人の眼の特性を知っておいて…
  3. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない
  4. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ
PAGE TOP