メンタル

失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。

テニスの試合では、メンタルの強弱ってポイント後、に私は出ると思います。

失敗したときに、自分の心がどうなるのか。

試合の現場で気付く、のでは遅いですから。

 

失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

 

1.余裕がある人は、何が違うのか

良い意味で、失敗も想定済、なんですよね。

このショットは、自分にとってチャレンジなのか、確実なショットなのか、をしっかり理解している。

理解しているからこそ、その結果に驚くことも無い。

余裕がある人は、自分をよく知っているような雰囲気がありますよね。

つまり、練習からしっかり「チャレンジのショット」も打っている。

比較的慣れていない相手、とも積極的に打ち合っている。

だからこそ、試合でも近い感じでプレー出来るんだと思います。

 

2.パニックになる人は、大局観が無い

試合を、俯瞰して遠くから見れているかどうか。

失敗ですぐにパニックになる方、は試合を大きく見ていくことが出来ない。

失敗=失点、負けにつながるもの、としか考えていない。

視野が狭いと、本当にパニックになりがちですからね。

パニックになること・・・を、どこかで癖付いているような人も多いですよね。

失敗して大声を出して、それを演じているなら良いんですけど。

試合の局面だけ、次につながっていく部分が見えない人は、本当に試合で勝てないです。

 

3.余裕を作ることは、自分の工夫次第

きっと、これも技術じゃないと思います。

余裕がある人は、自分で工夫が出来る人。

誰だって、失点の後は落ち込むし、がっかりする。

でも、それをどう次につなげていくか、ですからね。

呼吸法を変えるのも良いし、自分のポイントを整理して相手のプレッシャーを考える、のも有効です。

また何より、自分のポイントを冷静に分析出来るかどうか、ですね。

チャレンジすること、すごく良いこと。

でも、ポイントのシチュエーションを考えて実行していくこと、が大事ですね。

 

4.失点して良い場面、悪い場面を作るだけでも違う

私は、こうやって試合を進めます。

「ここは失点しても、相手にプレッシャーをかけよう」というポイント。

「ここは絶対、自分からはミスしない、相手に決められたら仕方ない」というポイント。

大きくはこの2つ、ですかね。

「絶対に失点してはいけないポイント」を作ってしまうと、そりゃパニックにもなります。

言葉で整理して、自分に余裕を持たせておくこと。

大事だし、直ぐに出来ることだと思いませんか?

 

準備って、要はこういうことです。

ポイント後に、いかに冷静に前向きになれる言葉、を用意しておけるかでしょう。

コートの現場で後悔しても、もう遅い。

早くアナタ自身、余裕がある自分を作って試合のコートに立てるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  3. メンタル

    「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

    得意なショットと不得意なショットがある。でもそれはね、意外と最…

  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  5. メンタル

    ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

    人は、何かに恐怖を抱く時、焦りが生じる。これは、テニスでも私生…

  6. テニス ガット

    メンタル

    ミスが怖い、という発想が一番怖い

    試合の中で、怖いもの。それは相手でも無いし、負けた後のコーチで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニス ストローク

    シングルス

    同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる
  3. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  4. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  5. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている
PAGE TOP