テニス リターン

メンタル

思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

思い切った作戦、みなさん実行出来てますか?

実際にリスクを伴いますから、緊張した場面では怖いですよね。

でも、こういう考え方もできると思いませんか?

難しいことを、自分たちはしている、と。

そう考えておけば、実は失敗に対する概念すら変えていけるんです。

 

思い切った作戦を実行していれば、ミスは気にならなくなる

 

1.難しいことは、実行=成功で良い

私は、いつもこんな感じですね。

ダブルスの最初のゲーム、で前衛が動いてポーチ、チェンジプレーを入れていきますけど、実行=成功。

そもそも、難しいことをやろうとしているんだから、ミスしても良い。

失点しても相手に印象を残す、ことが出来るからそれで良い。

ミスを気にしない、という準備は自分たちの作戦の認識方法から大事、だと思いますよ。

出来て当たり前、と思っていることが出来ないから、試合では落ち込む。

これはちょっと、自意識過剰ですしね。

 

2.エラーを気にしないチームは、強い

もちろん、どんなスポーツでもミスは痛いしエラーは嫌。

でも、その背景としては「自分たちが出来ること」をやろうとしているから、という部分が大きい。

そりゃ、落ち込みますよ。

でも、実際の試合では「思い切った作戦」を吹っ切れてやってみる。

難しいこと、と思って実行すれば、エラーを気にしなくなれる。

もちろん、成功するつもりで本気で挑みますけど。

実際には、ミスしたときにどういうメンタルになるのか、が大事じゃないですか。

試合前の準備、だと思いますよ。

 

3.失敗して落ち込まない準備、は工夫次第

具体的に、ノートに書いたり言葉にしておく。

失敗しても落ち込まない、なぜなら自分たちのチャレンジだから、と考えておきましょう。

こういうポイントは、試合の序盤で作っておきたい。

試合前の想定、をしっかり作っておくことは、失敗後の自分のメンタルを作るということ。

何でもできる、と思って試合に入ってしまうと、ギャップで苦しみますからね。

ぜひ、具体的に言葉にして、書き出しておいて下さい。

自分で書いたことって、頭に残っているから忘れないです。

 

4.「出来ること」しかやらない試合なんて、勝てない

勝てる相手、は限られるでしょう。

ちょっと試合では、チャレンジしていくような場面も大事です。

もちろんポイントを取る為ですが、同時に、相手に怖さを与えたいんですよね。

みなさんも試合をしていて、相手からプレッシャーや恐怖を感じるときって、「思い切った作戦でチャレンジ」して来るような時、じゃないですか?

自分がそのときに出来ること、が試合では基本戦術。

でも、それだけでも怖さが出ない。

同時に、アナタの成長も難しいでしょう。

 

思い切った作戦、のミスは気にしない。

この準備は簡単なようで難しい。

やっぱり、落ち込みますからね、言っても。

でも、私は経験してきたからこそ言えます、ぜひ思い切って動いて欲しい。

そこから、相手が感じて崩れてくれる試合、が多いはずですから。

ぜひ、試合前に準備して入る、癖を付けてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  2. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?

    サッカーワールドカップの試合を観ていると、勝ち切ることの難しさを感じま…

  3. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる

    テニスの上達を、真剣に考えているみなさん。だったら、この意識を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  2. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて…
  4. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達の為に、「事実を伝えるということ」は残酷だけど、本当は優しい行為です…
PAGE TOP